top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

森泉、2022年は「家族の大切さを改めて実感した年」祖母・森英恵さんに思い馳せる

WEBザテレビジョン

森泉、2022年は「家族の大切さを改めて実感した年」祖母・森英恵さんに思い馳せる

モデルの森泉が12月8日、都内にて開催された「モエ・エ・シャンドン“EFFERVESCENCE – エフェルヴェソンス” シャンパンの魔法と輝きを」オープニングイベントに出席。8月に逝去した祖母でファッションデザイナーの森英恵さんへの思いを口にする場面があった。

「モエ・エ・シャンドン “EFFERVESCENCE – エフェルヴェソンス” シャンパンの魔法と輝きを」は、シャンパンメゾン「モエ・ エ・シャンドン」による、ホリデーシーズンを華やかに彩るイベント。この日は森に加え、水原希子、岩田剛典、鈴木保奈美、佐々木蔵之介、SHIHO、前田公輝、三辻茜、矢野未希子、松井愛莉、Matt、當間ローズ、八木アリサ、高梨臨、観月ありさ、石田ニコル、別所哲也、真木よう子、黄皓、栗山千明、南果歩の総勢21人がレッドカーペットに登場した。

■石田ニコル、今年やり切ったことは“舞台”

開いた背中部分から肌がのぞく白のドレススタイルで登場した石田は、2022年の思い出を聞かれ「今年は一年を通して二作品、舞台をやらせていただいた。二日前に劇団☆新感線が終了しまして。こんな時期に無事に一人も欠けることなく完走できたのが、今年のやり切ったことかな」と振り返った。

また、黒のタキシードにシャンパンゴールドのチーフと靴を合わせた別所は、同じ質問に「僕自身は、俳優のお仕事を始めて35年という月日がたった節目の一年のスタートでもありまして、いろいろなことを俳優としても考えさせられました」とコメント。「コロナと共に、俳優としての演劇、映画、あるいは自分の主催する映画祭に関わるということを改めてもう一度、『リコネクト』という言葉がありますけれども、いろんな繋がりを国際的にもそうですし、表現者としても考える。そんな一年でした」と続けた。

■森泉「家族の大切さを改めて実感した年」

白の襟付きドレスを身にまとった森は、2022年に関して「一番大きかったのは祖母との別れ。家族の大切さを改めて実感した年でもありました」と、8月に逝去した、祖母でファッションデザイナーの森英恵さんへの思いを吐露。さらに、クリスマスや年末年始の予定を聞かれると「家族や、大事な友人と一緒に過ごしたいなと思います」と語った。

◆取材・文=山田健史

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル