top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ディオール×トレマイン・エモリー「ディオール ティアーズ」NYとパリの対話、“ジャズの旅”がテーマ

FASHION PRESS

ディオール×トレマイン・エモリー「ディオール ティアーズ」NYとパリの対話、“ジャズの旅”がテーマ

ディオール(DIOR) 2023年フォール メンズコレクションから、トレマイン・エモリー率いるデニム ティアーズ(DENIM TEARS)がゲストデザインを手掛ける、初のカプセルコレクション「ディオール ティアーズ」が登場。

デニム ティアーズが手がけるカプセルコレクション

デニム ティアーズは、シュプリーム(Supreme)の現クリエイティブ・ディレクターを務めるトレマイン・エモリーが、2019年にスタートさせたブランド。新作カプセルコレクション「ディオール ティアーズ」は、キム・ジョーンズが手がけるディオール 2023年フォール メンズ コレクション ショーの一部として発表された。

ヨーロッパに赴いたジャズミュージシャンから着想

「ディオール ティアーズ」コレクションでは、“ジャズの旅”をキーワードに、音楽を演奏するためにヨーロッパに赴いたアフリカ系アメリカ人の偉大なジャズミュージシャンたちからインスパイア。オーセンティックなアメリカンスタイルに、フランスのクラフツマンシップを掛け合わせ、エレガンスと奇抜さ、カジュアルとクラシックを融合させたピースを展開する。

例えば、「セルジュ ドゥ ニーム(ニーム産のサージ)」を語源とするフランス由来のデニムに、特殊なジャカードや抜染プリントを施し、50年代から着想を得たシルエットに仕上げたパンツやハーフパンツ、デニムジャケットが登場。伝統的な製法と新たな技術を組み合わせることで、洗練された佇まいを提示している。

アメリカンファッションとサルトリアル

また、50年代から60年代にかけてのアイビーリーグのアフリカ系アメリカ人学生のスタイルや、同時代のジャズミュージシャンたちの装い、そして、当時しばしば着用されていたワークウェアからの影響も見て取れる。チェックシャツやカレッジロゴ入りのニット、ウォーミングなオレンジが目を引くバーシティジャケット、リラクシングなチノなどがラインナップ。鮮やかなマルチカラーのニットやストールもアイキャッチだ。

広告の後にも続きます

その一方で、クラシカルなウールのオーバーコートや、ツイードのテーラードジャケット、端正なスーツなども登場。アメリカンファッションの王道アイテムと、こうしたエレガントなサルトリアルのアイテムを組み合わせたスタイルによって、ジャズ発祥の地であるニューオリンズを経由し、ニューヨークとパリを結ぶ“対話”を表現している。

【詳細】

「ディオール ティアーズ」カプセルコレクション

【問い合わせ先】
クリスチャン ディオール
TEL:0120-02-1947

TOPICS

ランキング

ジャンル