top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

LINEマンガのwebtoon作品『正しい恋の始めかた』が実写ドラマ化! 大友花恋など豪華な出演者のコメント届く

Real Sound

 電子コミックサービス「LINEマンガ」のオリジナル作品『正しい恋の始めかた』が、テレビ朝日、TELASA(テラサ)にて実写ドラマ化される。

 原作『正しい恋の始めかた』は、何事も完璧でまっすぐな大学生・尾崎真心が主人公の「LINEマンガ」のオリジナルwebtoon作品。1日の予定をしっかりとたてスケジュールを守る完璧主義がゆえに、恋愛だけが唯一うまくいかない真心は、自分を変えるべく大学のサークルに入ることを決心する。果たしてサークルでの新たな出会いをきっかけに恋愛を始めることができるのか、真心をとりまく恋愛模様が描かれている。

 実写ドラマで尾崎真心役を演じるのは、雑誌「Seventeen」のモデルを経て、『あなたの番です』や『新米姉妹のふたりごはん』(2019)など数々の話題作に出演しその演技が注目を集めるとともに、CM、バラエティーと多岐にわたる活躍を見せる大友花恋に決定した。「こんなに自分に似ている女の子が漫画の中にいたのか!」と真心と自身に共通点が多くて驚いたとコメントを寄せている。

 さらに、真心の前に現れる2人の男子、清水瑛太役を豊田裕大が、桜井優馬役を本田響矢が演じることも決定した。

   瑛太を演じる豊田裕大は、「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活躍する一方、『妖怪シェアハウスー帰ってきたん怪-』(2022年)で俳優としても一躍注目を集め、2023年には出演映画『銀河鉄道の父』の公開が控える若手俳優の注目株だ。また、本田響矢は2016年にイケメン高校生を決める「男子高生ミスターコン」でグランプリを受賞後、『横溝正史短編集Ⅱ 金田一耕助 踊る!』(2020年)、『青春シンデレラ』(2022年)など数々のドラマをはじめ、映画、舞台で活躍している。

広告の後にも続きます

 ドラマ「正しい恋の始めかた」はテレビ朝日と動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」の完全連動ドラマ企画となっており、テレビ朝日では2023年1月1日(日)深夜0時25分より放送、TELASA(テラサ)での配信「ほろあま?ほろにが?デート編」は、地上波よりひと足早く2022年12月31日(土)午前11時より先行配信を開始する。

■登場人物・キャストコメント

・尾崎真心(おざき・まこ)(19)…………大友花恋(おおとも・かれん)
自分で決めたToDoリストをこなし、1日を充実させるのが何よりも大好きな完璧主義の大学生。だが、唯一達成できていないこと…それは“恋愛”。大学生になれば自然と彼氏ができると思っていたが、毎日予定で埋め尽くされている真心には恋愛する隙もない。恋人を作って完全無欠のかっこいい現代人になるのが目標だが、恋愛の始め方がわからない。

・大友花恋(尾崎真心・役)コメント
最初にこのお話をいただいた時に役の説明をしていただいたのですが、私自身も真心と同じように、毎日時間を計ってノルマをこなすことにやり甲斐や楽しみを感じながら生活しているので、「こんなに自分に似ている女の子が漫画の中にいたのか!」と、とても驚きました。真心と自分との共通点は多いのですが、真心は瑛太先輩や優馬先輩など尊敬できる先輩に出会い、恋を始めようと思いながらも、その始め方がわからなくて悩んでいます。私はまだそういう人に出会えていないので、その点は真心が一歩リードだなって感じます。
そんな真心が、これからどうやって恋愛をしていくのか。キュンキュンしたり悩んだり、自分自身の中でも葛藤しながら進んでいく姿をぜひ、温かく見守りながら応援していただけると嬉しいです。ぜひ楽しみにしていてください。

・清水瑛太(しみず・えいた)(20)…………豊田裕大(とよだ・ゆうだい)
真心と同じ大学に通う2年生で、幼馴染の優馬が作ったプログラミングサークルに入っている。ゲームが得意で頭が良く、何事も効率的にこなす。ポーカーフェイスであまり感情を表に出さないが可愛いものが好きで、密かに萌えキャラをゲームのアバターにしている。ある日、その萌えキャラを真心に見られてしまい、どうにか秘密にしてもらおうと奮闘する。

・豊田裕大(清水瑛太・役)コメント
今回、初のラブコメということもあり、少しむず痒さのある緊張を感じています。瑛太というフィルターを通して、恋愛をどのように表現できるかなと、楽しみな気持ちでいっぱいです。僕が演じる瑛太は、可愛いもの好きという一面があります。僕も犬や猫、キャラクターなど、昔からわりと可愛いものが好きなので、瑛太との共通点があり、演じる前から親近感がわきました。また、瑛太は自分の気持ちをあまり表に出さない人。僕はどちらかというと好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとはっきり言うタイプなので、そこは違う部分かと思います。クランクイン前に、監督が思い描く瑛太のイメージを伺うことができたので、とても参考になりました。今は空いている時間に、スマホゲームをやってみたり、ネットカフェに行ったり、ブラインドタッチの練習をしたり、瑛太が好きなものに積極的に触れて過ごしています。この役を最後まで全力で演じられるように頑張ります。このドラマは2022年の大晦日と2023年元旦に放送される作品です。見ていただく皆様が明るい気持ちで年越しできるようなドラマを届けられたら嬉しいです。ぜひご覧ください!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル