top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

津田健次郎、『クロサギ』第8話にゲスト出演 King & Prince 平野紫耀と初共演

Real Sound

『クロサギ』©︎TBS

 12月9日放送の平野紫耀(King & Prince)主演ドラマ『クロサギ』(TBS系)の第8話に津田健次郎がゲスト出演することが決定した。

【写真】津田健次郎撮り下ろしカット

 本作は、詐欺によって家族を失った主人公が「詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ」となって、本当の“敵”を探し出し打倒していく物語。人生のすべてを捧げ、「クロサギ」として詐欺師たちに立ち向かっていく。

 2013年に全42巻で完結した、黒丸・夏原武による漫画『クロサギ』シリーズを原作に、完全版として新たにドラマ化。主人公・黒崎高志郎役で平野が主演を務め、ヒロイン・吉川氷柱を黒島結菜、詐欺師界のフィクサー・桂木敏夫を三浦友和が演じる。

 第7話で、日本最大手のメガバンク・ひまわり銀行執行役員・宝条(佐々木蔵之介)が目を掛けていた、首都中央支店の支店長・牛山(山口紗弥加)を追い込むことに成功した黒崎。黒崎と宝条との戦いの火蓋が切られたかのように思えたが、それは氷山の一角に過ぎなかった。第8話では、黒崎は宝条に関する“決定的”な情報を掴む。それは、銀行の外にも“宝条帝国”と密かに呼ばれる、宝条の資金源となる会社がいくつも存在しているということ。ここから黒崎は全てを掛けて“宝条帝国崩し”を仕掛けていく。

広告の後にも続きます

 津田が演じるのは、ひまわり銀行の元行員で宝条の後輩・宇佐美孝也。現在は大病院の理事長を務めている宇佐美は、2年前に銀行員として赤字の病院再建に乗り出した。だが、その実態は経営改革という名目の乗っ取りだった。宇佐美は今でも宝条と繋がっており、“宝条帝国”でも随一の狡猾さを見せている。

 声優業、舞台や映像の俳優業を中心に映像監督や作品プロデュースなども行っており、幅広く活動をしている津田。俳優としては、今年7月期に放送されたTBS日曜劇場『オールドルーキー』にもゲスト出演し、車いすテニス選手から全幅の信頼を置かれたメカニック担当者役を演じた。なお、津田が黒崎役の平野と共演するのは、今回が初となる。

(リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング

ジャンル