top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

森岡龍監督のロードムービー「北風だったり、太陽だったり」、柄本佑らがコメント

キネマ旬報WEB

 

服役中の元お笑い芸人のもとへ、かつてのマネージャーが結婚報告をすべく、取り残された元相方を連れて面会へ──。ユーモラスな道中を描く1日だけのロードムービー「北風だったり、太陽だったり」が、12月10日(土)より渋谷ユーロスペースで公開。柄本佑、勝地涼、角田晃広(東京03)、三宅唱監督ら著名人のコメント、および追加場面写真が到着した。

 

 

広告の後にも続きます

俳優としても活躍する森岡龍の「ニュータウンの青春」以来約10年ぶりの監督作となる「北風だったり、太陽だったり」。森岡自身の結婚時の環境や心境の変化、そして感謝を面と向かって伝えたいという思いから着想され、16mmフィルムで撮り上げた。

元マネージャーの葉山を橋本一郎(「それぞれの花」「信虎」)、元相方の奥貫を足立理(『重版出来!』)が演じ、川添野愛、フジエタクマ、浦山佳樹、宮部純子、松㟢翔平ら個性的な俳優が脇を固めている。

 

コメントは以下。

東京03 角田晃広
みんなそれぞれの人生を、それぞれの感情で生きているから交わると面白い。この作品を観て、珍しく人と関わりたくなりました。あと単純にこの日のドライブでの経験、ちょっと羨ましい…

柄本佑(俳優)
「ニュータウンの青春」から10年ぶりらしい森岡龍監督作。尺は35分。うん、確かに森岡龍の映画だ。でも明らかに色気が増してる。10年経過するとこんなに熟すのか?監督の描きたいことは変わっていないように思った。でも明らかに奥行きが違う。ゆったりと時間が漂い、監督はどっしりと俳優を見つめている気がした。クソゥ。10年も経ってしまったか。これから2年おきには龍の「熟し」を観たい。欲を言えば長編で。最後に、あの状況下で腰を振って踊ってたのは龍だね。最高じゃんっ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル