top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2年後のドラフトを賑わす超逸材。大商大の渡部聖弥が大学日本代表候補合宿で極上の打撃術を見せつけた

web Sportiva

 右打席に入った渡部聖弥(わたなべ・せいや)が右へ左へとヒットを放つたびに、「それ見たことか」と言いたくなる衝動を抑えきれなかった。

 12月2日から3日間にわたり、松山・坊っちゃんスタジアムで開かれた大学日本代表候補合宿。全国から招集された44選手が出場した計20イニングにまたがる紅白戦で参加者最多の4安打を放ったのが、大阪商業大の渡部だった。


大学日本代表候補合宿で存在感を放った大阪商業大の渡部聖弥

2年後のドラフト上位候補

 今年の春から何度となく渡部のプレーを見るたびに、「この選手は大学日本代表に選ばれるだろう」と確信していた。打ってよし、守ってよし、走ってよし。春のオープン戦で皇子山球場の右中間フェンスを直撃する打球を目撃した際には、そのアマチュアとは思えない打撃に笑いすら込み上げた。

 広角にヒットゾーンを持つ打撃など、プレーヤータイプは大学の大先輩である谷佳知(元オリックスほか)と重なる。大きな故障さえなければ、間違いなく2年後のドラフト上位戦線を賑わせる存在になるだろう。

広告の後にも続きます

 ところが、今年6月に平塚で開かれた大学日本代表候補合宿に、渡部は呼ばれなかった。2年生で時期尚早と見られたのだろうか。すでに大学トップクラスの実力を身につけているだけに、残念でならなかった。

 そんな個人的な感想を6カ月の時を経て本人にぶつけてみると、渡部は「選ばれた選手はみんなレベルが高かったので、自分はまだ選ばれないだろうと思っていました」と苦笑しつつ、こう続けた。

「でも、『絶対に選ばれてやる』と思ってやってきました」

 今秋、渡部は大きな進化を見せつけていた。関西六大学リーグ新記録となる5本塁打をマーク。圧倒的な数字を残し、代表候補合宿への切符を手に入れた。

 代表候補合宿の紅白戦では、7打数4安打をマークした。合宿初日は最速149キロを計測した変則左腕の滝田一希(星槎道都大3年)からライト前ヒット、さらに大学の1学年先輩で今年の大学日本代表に選ばれた上田大河からショートへの内野安打。2日目は高い潜在能力を秘める速球派右腕の後藤凌寿(東北福祉大3年)からレフトへタイムリーヒット、同じく150キロ近い速球を武器にする坂元創(九州共立大3年)からレフト前ヒットを放った。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル