top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マイクラ実況グループ「ゴラクバ!」、本格的な活動の終了を発表

yutura

マインクラフト実況グループ「ゴラクバ!」(登録者数57万人)が、来年1月31日をもって「本格的な活動」を終了すると発表しました。

いぬたぬきが「人生を懸けてやりたい」こと

ゴラクバとは、「いぬたぬき」「えんちょう。」「ぺんた」による3人組実況者グループ。『Minecraft(マインクラフト)』を中心とした実況に加え、たまの実写動画も人気なゴラクバは、今月4日にチャンネル4周年記念を迎えたばかりです。

そんなゴラクバは、今月7日に「ゴラクバ!の本格的な活動を終了したいと思います【ご報告】」と題した動画を公開。「いぬたぬき」が「なかなか言い出しづらいところも正直あるんですが」と切り出し、本格的な活動を終了することを報告しました。

本格的な活動終了の理由は、いぬたぬきに「どうしてもやりたいこと」ができたからだそう。それは、起業して海外で「Web3」(次世代の分散型インターネット)に取り組むこと。いぬたぬきはシステム開発やテクノロジーなどの情報系分野が好きなのだそうで、生活や実況の合間の時間を使って、ひたすら勉強していたといいます。そのうちに「最先端の領域で自分も力を発揮してみたいな」と思うようになったそう。それをやり切るためには、他の仕事との両立はできないのだとか。YouTuberとしてではなく起業家として、いぬたぬきは「ガチで事業を起こしたい」「人生懸けてやりたい」と熱意を語りました。

思いつきで決まったことではなく、数カ月前から3人で話し合いを重ねてきたというゴラクバ。その結果、ゴラクバの活動頻度を大幅に下げると決め、来年1月31日をもって活動に区切りをつけることにしたといいます。

別々の道歩むも「友だちであることは変わらない」

広告の後にも続きます

活動頻度は大幅に減少するも、完全に解散するわけではないとするゴラクバ。

1月31日に本格的な活動とメンバーシップを終了するまでは、これまで通り実況動画を投稿するそう。それ以降の活動はそれぞれで、えんちょうは自身の「個人チャンネル」でゲーム実況など活動を続行し、ぺんたは個人チャンネルを更新しつつ、海外へ挑戦するいぬたぬきのサポートを考えているとのこと。

3人は別々の道を歩むことになりますが、この活動終了は「ポジティブな理由」。ぺんとは「友だちであることは変わらない」とコメントしました。3人は声を合わせ、「誠の感謝」とお馴染みの台詞で動画を終えました。

コメント欄では「ゴラクバに出会えたことに誠の感謝」「ゴラクバ!をこれからも全力で応援します!それぞれの道をぜひ謳歌して行ってください!!!」「3人の決めたことなら全力で応援したい」など、4年間にわたり視聴者に笑顔を届けたゴクラバへの感謝のメッセージや、3人の未来を応援する声が集まりました。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル