top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『シュルプ』キム・ヘスが王妃を通して見せた母親の生き様 現代に響くメッセージも

Real Sound

『シュルプ』(tvN公式サイトより)

「心配いりません。もうこの手をお離しください」

 これは四男ケソン大君(ユ・ソンホ)の言葉だ。子は遅かれ早かれいつの日か親元を離れる。けれど、子どもたちの旅立ちがこんなにも寂しくて温かくて、あんなにも眩しいだなんて。最終回を迎えた『シュルプ』(Netflixで配信中)は物語が終わる瞬間まで、王妃イム・ファリョン(キム・ヘス)のどこまでも深く大きな愛に包まれていた。

 参考:【写真】立派に成長したソンナム大君(ムン・サンミン)

 時代劇でありながら現代に生きる人々にも多くのメッセージを届けてくれた本作。ファリョンの言葉は私たちの心さえも守ってくれていたように思う。母親たちには「母親だから、大人だからと言って常に正しいということはない」と寄り添い、時には「子の過ちを叱れる母親になれ」と叱り、子どもたちには「他人と異なるものを抱えていても隠す必要のない日が訪れるはずだ」と苦しみを受け止め、「己が満足なら完璧でなくても幸せに生きられる」と励まし、「つらければつらいと言っていい。心が痛いなら痛い素振りをみせなさい」と弱さをみせることを教えてくれた。

 最終話は欲に溺れた者、復讐に生きた者がエンディングを迎える。テイン世子をはじめ兄弟が皆殺しにされ、母親のユン廃妃(ソ・イスク)と生き残ったイ・イクヒョン(キム・ジェボム)は謀反を起こすために生きてきた。ところが、復讐の先にあったのは権力や欲望ではなかった。彼の願いは老母と息子との平凡な生活、つまりユン廃妃とウィソン君(カン・チャニ/SF9)と家族で暮らす当たり前にある幸せだったのだ。奪われたものを取り返すために多くの罪を重ねてしまったイ・イクヒョンの人生は虚しくも哀しい結末となってしまう。

広告の後にも続きます

 ファン淑媛(オク・ジャヨン)は愛する人に騙された上に自分の父親を殺され、さらに息子が自分の父親を殺してしまうという展開に精神的に大きな打撃を受ける。母親を支えていかなければならなくなったウィソン君。王宮にいた時とは比べものにならないほどみすぼらしい生活をしている2人だが、ファン淑媛は息子の手が温かかったことを知り、ウィソン君は自分の手が温かかったのだと気づく。本当の意味で親子として支え合っていく様子をファリョンはしっかりと見守っていくのだろう。

 またユン廃妃と大妃(キム・ヘスク)は対照的な選択をする。テイン世子の死因が明かされたことによりユン廃妃は復権したが、息子のイ・イクヒョンが亡くなり独りになってしまった今これ以上生きる理由がない。それでもウィソン君がイ・イクヒョンの子だと知り生き抜く選択をしたのがユン廃妃で、最期まで自分の欲望にしがみついて自ら死を選んだのが大妃だ。この違いは“誰のために生きるか”である。生きるためにご飯を無理やりにでも口に運ぶユン廃妃に胸の詰まる思いだったが、どんなに苦しくても愛する我が子のために生き、死ぬ覚悟があるのならその覚悟で大切な子を守りたい母親の姿でもあった。

 さて、それぞれが旅立つ時がくる。冒頭にあげたファリョンの言葉を受け止め成長した王子たち。母親のコ貴人(ウ・ジョンウォン)に1から10まで指導されていたシムソ君(ムン・ソンヒョン)は親になろうとしており、助けがなくても責任を持って育てると堂々とした姿に胸がいっぱいだ。テ昭容(キム・ガウン)とポゴム君(キム・ミンギ)は相変わらず親子の立場が逆転しているが、弱さを受け入れてくれる母親の存在を知ったポゴム君はさらに強くたくましく成長している。そしてファリョンに道を作ってもらったケソン大君は、自分らしく生きるために王宮の外というまだ見ぬ新しい世界に踏み出す決意をする。本当の自分を隠す必要のない日を自ら迎えに行くのだ。

 いつの時代にも我が子のためならどこにでも駆けつけ、全てをかけて守り抜く母親がいる。だからといってそれが誰かに賞賛されるものでも歴史に遺されないものでもない。けれども目に見えないものだからこそ偉大でありどの時代にも共感を呼ぶのだろう。きっと誰もが傘という存在に守られてきた。そしていつの日か自分が大切な人の傘になることができることも教えてくれた。幼き我が子の傘となったファリョンに傘をさしたのが、自分よりも大きくなったガン(ムン・サンミン)であったように。(ヨシン)

 
   

ランキング

ジャンル