top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

クリスチャン・ベイル主演 × スコット・クーパー監督の19世紀殺人ミステリー「ほの蒼き瞳」

キネマ旬報WEB

 

歴史ミステリー作家ルイス・ベイヤードが19世紀の士官学校を舞台に綴った小説『陸軍士官学校の死』を、「ファーナス/訣別の朝」「荒野の誓い」に続き3度目のタッグとなるクリスチャン・ベイル主演 × スコット・クーパー監督で映画化したNetflix映画「ほの蒼き瞳」が、1月6日(金)の配信に先駆けて12月23日(金)より一部劇場で公開される。

 

 

1830年のどんよりとした冬の早朝、ウエストポイント陸軍士官学校で士官候補生の死体が発見される。安置所に運ばれると、その心臓は巧妙にくり抜かれていることが判明、これは残忍な殺人事件だった。学校の体面を気にした幹部たちは、地元の元刑事オーガスタス・ランドーに捜査を依頼。士官学生たちが口をつぐむ中でランドーは、軍隊の厳しさを軽んじ、詩を愛する風変わりな士官候補生のエドガー・アラン・ポーに協力を求め、真相を追っていく──。

広告の後にも続きます

元刑事ランドーを演じるのはクリスチャン・ベイル。そして後の有名作家であり、ここでは共に事件を調査する青年エドガー・アラン・ポーに扮するのは、「ハリー・ポッター」シリーズのダドリー役でおなじみ、近年は『クイーンズ・ギャンビット』でも印象を残したハリー・メリング。さらに『X-ファイル』『ザ・クラウン』のジリアン・アンダーソンや「ボヘミアン・ラプソディ」のルーシー・ボーイントンほか、シャルロット・ゲンズブール、トビー・ジョーンズ、ロバート・デュヴァル、ティモシー・スポールといった名優が脇を固めている。

 

 

「ほの蒼き瞳」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル