top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ホラーにアクションに社会派⁉ 娯楽の宝石箱のような映画「ダンシング・マリー」EXILE NAOTO×SABU

キネマ旬報WEB

怖いんだけど笑えて、しかも社会派――。当代一流の映像の魔術師、SABU監督がEXLIE NAOTOを主役に据えて手がけた映画「DANCING MARY ダンシング・マリー」は、あらゆるエンターテインメントの要素がちりばめられたまるで宝石箱のような作品だ。2022年12月7日にブルーレイ&DVDがリリースされ、デジタル配信もスタートしたが、ブルーレイには撮影の日々に密着したメイキングやとっておきの秘話も飛び出した上映会の舞台挨拶など中身の濃い特典映像も付いていて、SABU監督が施した魔法の奥の奥までのぞき見ることができる。

ダンスホールに取りついた霊に立ち向かう市役所職員

舞台は北九州のとある都市。やる気のない市役所職員の研二(EXLIE NAOTO)は、郊外に建つダンスホールの解体現場の担当を任される。ダンスホールは再開発事業のため取り壊しが決まっているものの、かつてこのホールの踊り子だったマリー(坂東希)の霊が取りついていて、工事関係者の間で災難が続出しているというのだ。研二は、幽霊が見えるという女子高校生の雪子(山田愛奈)を伴い、勇気を振り絞って廃墟と化したダンスホールに足を踏み入れる。

雪子は自分だけでなく、彼女が手を触れた人にも幽霊を見せることができる。全く霊感のない研二も、こうしてマリーをはじめとしていろんな霊を目にしてしまうのだが、その描写がめちゃめちゃ怖い。雪子と手をつなぐとカラーの映像がモノクロームになり、ぼーっと幽霊の姿が浮かび上がる。あっちにもこっちにも霊が潜んでいて、いつの間にか研二の傍にぴたっと立っていたりする場面もあって、いや、もう身の毛もよだつ瞬間だ。

このホラーの要素に加えて、アクションを伴ったやくざ映画や任侠映画の路線も巧みに組み込んでいる。

市役所の上司らは難局打開のため、建設会社を装ったやくざの事務所に汚れ仕事を依頼。一方、マリーの霊がダンスホールに取りついているのは、恋人のジョニー(吉村界人)をいつまでも待っているからと知った研二たちは、ジョニーの居場所を探して幽霊たちに聞き込むんだけど、どうやらジョニーは台湾でやくざに捉えられていることが分かる。研二たちは千人斬りの異名を持つ伝説のやくざ、アニキ(石橋凌)の幽霊に助っ人を頼み、台湾へと旅立つ。

爆笑の渦の中から浮き出てくる任侠映画へのオマージュ

広告の後にも続きます

ここから映画は昭和の任侠映画へのオマージュを込めつつ、コメディーの様相を呈してくる。何しろアニキは奸計に陥って、刀でめった刺しにされて殺されたという設定なのだ。全身に大小を刺し込まれたまま青白い死に顔で旅客機に乗って台湾に向かうという構図は、まさに爆笑もの。しかも初めての飛行機、こわもてのアニキが高所恐怖症でがたがた震えているんだからたまらない。

と同時に、生前のアニキの義理人情も回想シーンとして再現されるんだけど、これがまた幽霊とは打って変わってかっこいいんだよね。若い時分からやくざ映画で鳴らした石橋だけに、殺陣の振りも堂に入っていてほれぼれする。障子越しにシルエットで見せる立ち回りなんて、SABU監督の任侠映画への敬意がひしひしと伝わってきて胸に響いた。

アクションなら映画初主演となるNAOTOも負けてはいない。どこか日和見主義の頼りない公務員として登場する研二だが、雪子やアニキらと交わるうちに徐々に自我に目覚めていく。特に自殺を図った雪子が担ぎ込まれた病院で出会った末期がんのおばあさん2人に言われた「人にはそれぞれ役目があってこの世に生まれてきている」という言葉がキーワードになって、研二にしかできない役目を果たそうとやくざ連中に立ち向かう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル