top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

このおしり、だぁ~れだ? 「パン活」クイズに挑戦!

BOOKウォッチ

このパンダ、だぁ~れだ?(講談社)<amazonで購入>

モッフモフのこのおしり、だぁ~れだ?


日本中を虜にしているパンダたち。パンダブームの火付け役となったシャンシャンに昨年誕生したふたごのシャオシャオ、レイレイなど、現在、全国で13頭のパンダが飼育されている。

しかし、どの子がシャンシャンなのか、シャオシャオなのか、はたまたレイレイなのか、正直なところ見分けるのは難しい。そこでもっとパンダの推し活=「パン活」を楽しめるよう、パンダだらけのクイズ&写真集『このパンダ、だぁ~れだ?』(講談社)が12月1日に発売された。


著者は和歌山アドベンチャーワールドのパンダ「明浜(めいひん)」と「優浜(ゆうひん)」の名付け親でもあるパンダライターの二木繁美さん。パンダのうんこを嗅ぎ、パンダ団子を食べた、変態と呼ばれるほどのパンダ好きだ。


それぞれのパンダの顔や体つき、模様の違いなど、じっと見ているとそれぞれ違いがあることが分かる。個性を意識すると、その違いがますます愛おしくなってくるはず。


広告の後にも続きます

二木さんが発見した個性を集めて、全部で32問のクイズを掲載。目(アイパッチ)や頭のとんがり、そして手やおしりなどの違いによ~く目をこらして、初級レベルから超難問までチャレンジしてみよう。

<おもなクイズ>

このこだ~れだ/正面だ~れだ!/シャオレイどっちだ/変顔だ~れだ/このパンダだ~れだ/横向きだ~れだ/おしりだ~れだ/この2頭だ~れだ/赤ちゃんだ~れだ/おいしいお顔だ~れだ/お残しだ~れだ/ストレッチだ~れだ/とんがりだ~れだ/このつむじだ~れだ など

違いが分からなくても、眺めているだけで癒されるベストショットの嵐。クリスマスギフトにもおすすめ。

■二木繁美さんプロフィール

にき・しげみ/パンダライター。パンダがいない愛媛県出身。美術系の短大を卒業後、グラフィックデザイナーを経て、ライター・イラストレーターとしてフリーで活動中。講談社WEBメディア「現代ビジネス」で、パンダのタンタンの日常を伝える「水曜日のお嬢様」を連載中。「文春オンライン」や「ねとらぼ」、「まいどなニュース(神戸新聞社)」でもパンダコラムを執筆。


※画像提供:講談社


書名:  このパンダ、だぁ~れだ? 監修・編集・著者名: 二木繁美 著 出版社名: 講談社 出版年月日: 2022年12月 1日 定価: 1300円(税込) ISBN: 9784065299944

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル