top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「嫌いだったはずなのに」ぱんちゃん璃奈にツッコミ 偽サイン販売で逮捕も…過去「サイン転売」に苦言

J-CASTニュース

2022年12月5日に詐欺の疑いで逮捕された人気キックボクサー・ぱんちゃん璃奈こと岡本璃奈容疑者が、過去にツイッターでサイン転売に苦言を呈していたことが再び注目され、ツッコミが集まっている。

報道によると、岡本容疑者はプロ格闘家の那須川天心さんと武尊さんのサイン入りポスターを偽造し、ネットオークションで販売。9万9900円をだまし取った疑いがある。容疑を認めているという。

過去には「高額転売ヤーから買う人よくわからない」

今回注目を集めているのは、岡本容疑者の2019年7月26日のツイート。オークションサイトに出品されていた自身の直筆サイン入りトレーディングカードのスクリーンショットを添付しつつ、「昨日夜後楽園ホールで配ったカードが早速売られてる」として、こう嘆いていた。

「カードは沢山くばったけど、サインしたのは10人弱。応援してると言ってて売るために近づいてこられたのか 友達にあげるからと一人の人に何枚もサイン書いたりするのこれから辞めた方がいいかな。チケット特典やプレゼント企画だけにしたい」

さらに2020年2月15日には「通販でアクスタキーホルダー700円で販売してるのに、高額転売ヤーから買う人よくわからない」と自身のグッズが転売されていることを嘆き、「しかも何故かこの人毎回毎回グッズ沢山もってる 前回も前々回も私の写真勝手にプリントアウトして非売品として売ってるけどなんで買うんだろう。普通にコンビニで写真は30円でプリントアウトできるよ!」と糾弾していた。

同年2月12日には自身のグッズを紹介しつつ、「高額転売屋からは買わないようにお願い致します」と呼びかけていた。

広告の後にも続きます

この一連のツイートにネット上からは、

「自分ではサイン転売にキレてるのに那須川天心のなりすまし偽サイン売ってて酷い」
「自分も同じことしてるやん、しかも詐欺というね」
「サインの転売は嫌いだったはずなのに」

というツッコミが集まっていた。

TOPICS

ジャンル