top_line

2022年YouTubeタイアップ動画ランキング きまぐれクックד銀色のやつ”の公式コラボに反響

Real Sound

BitStar「IPR」より

 株式会社BitStarが自社で開発した分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」のデータに基づき、2022年1月1日~11月25日に投稿されたタイアップ動画(広告コンテンツ)で、同期間に多く再生されたランキングを発表した。

参考:【写真】ほかのランキングも見る

■タイアップ動画ランキング TOP10

1位 56,09万回 SHEIN/ZOETOP Business Co., Limited
2位 34,16万回 nosh(ナッシュ)/ナッシュ株式会社
3位 33,29万回 スーパードライ/アサヒビール株式会社
4位 26,13万回 メンズクリア(メンズ脱毛・ヒゲ脱毛)/株式会社クリア
5位 24,75万回 荒野行動/NetEase Games/網易娯楽株式会社
6位 20,35万回 eFootball™ 2022/株式会社コナミデジタルエンタテインメント / KONAMI
7位 14,87万回 VT Cosmetics/株式会社VT Japan
8位 13,23万回 モバイル版ウイニングイレブン/株式会社コナミデジタルエンタテインメント / KONAMI
9位 13,05万回 Dead by Daylight Mobile/ NetEase Games/網易娯楽株式会社
10位 12,61万回 Apex Legends/SPONSORED BY EA

第1位 SHEIN(ZOETOP Business Co., Limited)
2022年上半期ランキングで2位、7-9月ランキングで1位だったSHEINがそのままの勢いをキープし、年間で1位に輝いた。引き続きライフスタイル系・エンタメ系・美容系・カップル系など幅広いジャンルのクリエイターを起用し、約550本のタイアップ動画を投稿。再生数だけを見ても、1000回程度~300万回の幅広いクリエイターを網羅し、傾向値を観察していることがうかがえる。2022年の結果を以って、2023年以降の施策動向も引き続き要チェック。

広告の後にも続きます

第2位 nosh(ナッシュ株式会社)
2位は食事宅配サービスのnoshがランクイン。約200本のタイアップ動画を投稿している。引き続き、単発ではなくクリエイターとの継続的なタッグが印象的。加えて、VTuberとのタイアップでは抽選でクリエイターの描き下ろしイラストをプレゼントするなど、キャンペーンと絡めることでエンゲージメントを上げる仕掛けが多く見られた。

第3位 スーパードライ(アサヒビール株式会社)
3位はスーパードライがランクイン。ショート動画を中心にさまざまなクリエイターを起用している。特にきまぐれクックは、タイアップ以前より動画内でスーパードライを「銀色のやつ」と繰り返し紹介していたため、視聴者も違和感なく受け入れることができ、再生数を落とすことなくキープしている。クリエイターと企業の想いがうまくマッチしたお手本のようなケースといえる。

TOPICS

 
   

ランキング

ジャンル