top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今夜は“親満プリンス”本田朋広、個人トップの6勝目「出来過ぎですね」と照れ笑い/麻雀・Mリーグ

ABEMA TIMES

 3度の“親満”で効果的に加点。北陸の役満プリンスことTEAM雷電の本田朋広(連盟)が、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月6日の第1試合に登板し、リーグ単独トップの6勝目を挙げた。

【映像】6勝目にはにかむ本田朋広

 Mリーグ1年目の昨年は苦しんだ本田だったが、今期は絶好調だ。直近もトップ・トップ・トップ・2着と申し分なし。起家からEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)、U-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)、本田の並びで始まった当試合も、3連続の流局で迎えた東2局3本場、本田は東のみの1000点(+900点、供託5000点)と先制攻撃を仕掛けた。東3局では亜樹に4000点をツモられるも、親番の東4局ではドラの5索、その赤牌を保持してリーチ。これを村上からアガってリーチ・平和・赤・ドラの満貫・1万2000点(供託1000点)を獲得すると、東4局1本場では村上のリーチにも怯まず応戦し、またしても村上からリーチ・平和・赤・ドラ・裏ドラの満貫・1万2000点(+300点、供託1000点)を奪取した。

 これで持ち点5万3200点と頭一つ抜け出したかに思えたものの、南1局、本田は東4局2本場で8000点(+600点、供託1000点)をアガった亜樹に親満・1万2000点の放銃。「やり直したかった」。痛恨の一撃でトップ目を亜樹に譲ったが、このままで終わらないのが今期の本田だ。南2局、西のみでラス目から復活したい村上の親を無情に流すと、南4局では亜樹がツモ限定のヤミテンで構える中、同様に本田もカン二万待ちでスタンバイ。見事にツモ・一盃口・ドラ2の満貫・1万2000点を成就させて2400点差で再びトップ目に立つと、オーラスでは捨て牌から亜樹のノーテンを読み切り、牌を伏せる形で試合を終わらせた。

 「出来過ぎですね」。これで個人最速6勝目となったことに対して、勝利者インタビューで照れ笑いを浮かべた本田は、個人成績が2位まで浮上したことについても「いやいやいや、僕はチームが勝てればいいので」とコメント。ファンへひと言を求められた際には「去年はユニバースの方にはすごい悔しい思いとか面白くない思いをさせちゃったので」と切り出し、「今期は必ずファイナルに行きたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と宣言した。チーム初のファイナル進出には、役満プリンスならぬ“親満プリンス”の力が必要不可欠だ。

広告の後にも続きます

【第1試合結果】

1着 TEAM雷電・本田朋広(連盟)4万3900点/+63.9
2着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)4万1500点/+21.5
3着 U-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)2万9100点/▲10.9
4着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)-1万4500点/▲74.5

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル