top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オーラスノーテンがトップの決め手!?逃げ切りトップを掴んだ抜群読みに放送席も騒然「これはすごい」「勇気ありますね」/麻雀・Mリーグ

ABEMA TIMES

 勝負を決める、究極の選択。オーラスでのTEAM雷電・本田朋広(連盟)の決断に、実況や解説、ファンが熱狂した。12月6日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第1試合は、起家からEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)、U-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)、本田の並びで始まった。本田は親番の東4局でリーチ・平和・赤・ドラ、東4局1本場ではリーチ・平和・赤・ドラ・裏ドラと連続で満貫・1万2000点を奪取。独走態勢に入ったかと思われたが、南1局では親番の亜樹に満貫・1万2000点を振り込んでしまった。

【映像】本田朋広があえてノーテンにした瞬間

 これでトップ目を亜樹に譲ったものの、今期絶好調の本田は、自身が親の南4局でヤミテンからツモ・一盃口・ドラ2の満貫・1万2000点を成就。土壇場で、わずか2400点差ながらもトップ目に返り咲いた。Mリーグのルールは、親のアガリやめなし。もちろん、親番を連荘させて持ち点を加点し続けるのもありだが、このまま逃げ切るためには、僅差の亜樹と共にノーテンで終幕するのも一つの手段だ。流局するのか、それとも継続するのか。実況の松嶋桃(協会)、解説の渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)や石橋伸洋(最高位戦)が注目する中、本田は終盤でテンパイ。ただ、ここで本田は「ノーテンかなって思える牌が3連続で続いた」「テンパってる確率は低いかな」と亜樹のノーテンを読んでいたそうで、最後の牌が鈴木優から捨てられると、即座に牌を伏せた。

 仮に読み間違えば2着に転落し、チームとしては実質、4万点以上の大量失点だ。それだけに、本田の選択には松嶋も「伏せたー!」と絶叫し、石橋も「すごい。これはすごい」と大興奮。多井も「勇気ありますね。これはすごい」と絶賛すると、ファンからも「これはかっけぇ」「イケメン過ぎる」「これは伏せプリンスやわ」とコメントが殺到した。「テンパイを取りたかったんですよ」。勝利者インタビューで個人成績が2位まで上昇した点についてリポーターから触れられた際、本田は笑いながらこう答えたが、冴え渡る読みがあれば個人成績トップも時間の問題だ。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

広告の後にも続きます

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル