top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“撮り下ろし”スペシャルドラマの放送も決定!劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』予告編が到着

MOVIE WALKER PRESS

“撮り下ろし”スペシャルドラマの放送も決定!劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』予告編が到着

2021年7月期に、TBS日曜劇場枠で放送された人気医療ドラマの劇場版となる『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2023年4月28日公開)。本作より予告映像が到着し、あわせてドラマSPの放送が決定した。

最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で事故や災害の現場に駆け付け、“1人も死者を出さない”という使命のもと、自らの危険を顧みず患者のために戦う医療チーム“TOKYO MER”。彼らの活躍を描いた物語は「新たな救命医療ドラマ」として多くの感動を生み、熱いチームワークや衝撃的なストーリー展開に魅入られた視聴者から、続編や映画化を切望する声が数多く寄せられていた。

劇場版では、ドラマに引き続き主人公、喜多見役の鈴木亮平のほか、賀来賢人、中条あやみ、要潤、小手伸也、佐野勇斗、フォンチー、菜々緒、仲里依紗、石田ゆり子らが続投。また、杏とSixTONESのジェシーが新たに参加することでも話題を集めていた。

今回解禁となった予告編では、危険と隣り合わせの現場で、多くの命を救ってきた“TOKYO MER”が横浜、みなとみらいに出動。街のシンボル、ランドマークタワーで、まさかの大規模火災が発生するという衝撃的なシーンから始まり、厚労省の肝いりで新たに発足したエリート医療集団“YOKOHAMA MER”と、鮮やかなライトブルーのERカー“Y01”も登場している。「待っているだけじゃ、救えない命がある」という信念でどんな困難な現場にも立ち向かっていくTOKYO、喜多見チーフのやり方に異を唱え、YOKOHAMAのチーフドクターである鴨居は「待っていなくちゃ、救える命も救えなくなる」と真っ向からぶつかっていく。

かつてない過酷な状況のもと、命を救うという使命のために真逆の信念を激突させる2人の医師。そして、現場を襲う予想外の危機。猛火の中で繰り広げられる各キャストの緊迫の演技からも衝撃の展開が予感され、手に汗握る大迫力の予告映像となっている。

また、映画公開を記念して、ドラマシリーズの一挙再放送が先日発表されたが、完全撮り下ろしによるスペシャルドラマの製作が決定。次にTOKYO MERを待ち受けるのは一体どんな試練なのか?

正月からGWまでをつなぐ“TOKYO MER”。彼らが新たに見せるドラマとは一体どんなものなのか?今後の続報にも注目だ。

文/サンクレイオ翼

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル