top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あだ名は「プリウス」…前田大然、64分で68回のスプリントにレジェンドも「悪夢のような存在」と脱帽

SmartFLASH

写真・JMPA

 

 12月6日におこなわれたサッカーW杯カタール大会の決勝トーナメント1回戦。日本はクロアチアと対戦し、1-1で延長戦となり、最後はPK戦で敗れたが――この試合で日本唯一の得点をあげたFW前田大然に注目が集まっている。

 

 ドイツ戦、スペイン戦、そしてクロアチア戦でスタメン出場した前田は、前線からひたすらボールを追い続ける献身的なプレーで、攻守で大きく貢献した。ドイツ戦、スペイン戦での劇的な逆転劇も、前田の “鬼プレス” 効果という声も多い。

広告の後にも続きます

 

 

 元イングランド代表DFでキャプテンをつとめたリオ・ファーディナンドは、英BBCの解説で「まるで憑りつかれたかのような絶対的な活力だ。彼を相手にプレーしたいとは思わない」と前田を絶賛。同じく元イングランド代表のFWアラン・シアラーも「ディフェンスにとって悪夢のような存在」と高く評価した。

 

 前田の献身は数字にも表れている。クロアチア戦での前田は、出場時間64分でスプリント(時速24キロ以上で数秒のダッシュ)68回という驚異的なものだった。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル