top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

全国の映画祭受賞作、異なるジャンルの作品の特集上映『REDRUM』より、主催者、出品監督よりメッセージ到着!「舞台挨拶とは少し違う」と評判のイベントLAST 3DAYS!

cinefil

『B/B』『A CHAOS CONTROL』など評判を呼ぶ、若手監督中濱宏介が主催を務め、「異なるジャンルの作品とファン層の混濁」と「インディーズ映画の劇場上映機会の向上」を掲げ、全国各地の映画祭受賞作、話題を集める気鋭監督が集結した劇場上映企画『REDRUM』が、12月9日(金)まで代官山シアターギルドにて開催中です。

中濱宏介監督の『B/B』『A CHAOS CONTROL』のほか、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2021でグランプリを受賞した田中大貴の『PARALELL』、カナザワ映画祭2022でグランプリを受賞した川上さわの『散文、ただしルール』、坂田敦哉の『宮田バスターズ(株)ー大長編ー』等が、連日上映され、各作品、監督や出演者と共に、各界から連日ゲストを交えたトークが開催されております。バー併設のシアターギルド特有の空間での、通常の劇場とは違う距離感の近いトークイベントは評判を呼び、最終日には上映監督総揃いの最終トークも開催。

この度、主催の中濱監督をはじめ、参加監督よりメッセージが寄せられました。

主催者メッセージ

広告の後にも続きます

主催の中濱宏介です。
僕が大学の卒業制作として監督した『B/B』
が劇場上映に辿り着くまでに2年半の歳月を費やしました。
映画の撮影が2019年、完成したのが2020年。
2年間で様々な映画祭に参加しましたが、
自作が劇場公開出来たのは「運が良かった」だけに過ぎません。
国内には大小様々なインディーズ映画祭が存在していますが、そこでの入選や受賞が直接的に劇場公開に繋がらないのが現状なのです。

作品の面白さ、完成度が劇場公開に直結しない歯痒さ、
コロナ禍で過酷になったミニシアターでの興行、
そうした苦境の中で何か一矢報いる事が出来ないかと考え、
辿り着いたのが今回の上映企画「REDRUM」です。

映画祭、撮影現場、大学…様々な場で出会った「異なる作風」
「異なるジャンル」の監督に声をかけ編成した作品群による
「二本立て上映」により「異なるファン層」と「異なるキャスト」
間の交流 と混濁がイベントの主旨になっています。

ミニシアターにくるコアな観客に向けた
「オーディオドキュメンタリー」的トークショーは
「バー併設」の特殊な映画館 「シアターギルド」
でしか行えない独自の時間なのではないでしょうか。

既にゲストとしてお越し頂いたアベラヒデノブ監督、
金子修介監督とも「舞台挨拶とは少し違う」
穏やかなトークをする事ができました。
水曜日に控えるゾフィー上田航平さんとのトークも、
どの様な空間になるか楽しみで仕方ないです。
金曜日まで連日開催しています。
是非、代官山へお越し下さい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル