top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

火星に地球外自然保護区を作ることを科学者が提案、泡のようなドーム状の森林地帯

カラパイア


 透明なカプセル状構造の下に地球上の環境を再現した火星基地。そんなSF映画を観たことはないだろうか?

 ある科学者は、そんなドーム状の”バブル(泡)”のような自然保護区を火星に建設しようと提案している。それは興味本位の思いつきなどではない。

 火星の「森林バブル」を実現できれば、地球外の自然保護区として動植物を守れるほか、いざという時の人類の避難場所や、食糧・原材料の供給源としても利用することができるという。

 人類と地球上の生き物の未来を考えた上でのアイデアなのだ。



火星に東京ドーム5個分の広さのドーム状の地球外自然保護区

 英国ブリストル大学工学部の土木技師であるポール・L・スミス氏は『International Journal of Astrobiology』で、火星に地球外自然保護区 (森林バブル) を構築する方法について説明している。

 突拍子もないアイデアに思えるかもしれないが、基本的なコンセプトはできている。

 たとえば、火星の大気・気温・季節・放射線・天候・重力・利用可能な太陽光など、スミス氏は火星特有の問題を指摘した上で、その解決策を提示する。

火星の「地球外自然保護区(森林バブル)」のコンセプトイラスト / image credit:
 火星に持ち運ばれるのは、セイヨウネズやカバノキといった植物や、土壌微生物、菌類、あるいはミミズやクモのような無脊椎動物など、火星に適応できそうな地球の生物だ。

 そうした中に、鳥・魚・アライグマといった脊椎動物は含まれていない。自然な活動が望めない地球外環境にそうした動物を連れて行くのは、倫理的に好ましくないとの配慮ゆえだ。

 そもそも、スミス氏の提案の狙いは、火星に地球の森林を完全コピーすることではない。

 現時点で、地球の森を火星で再現するなど土台無理な話なのだ。それでも、予想外なやり方で機能する、新しい生態系なら作ることもできるだろう。

 その広さは50 エーカーを予定しているそうで、東京ドームに換算すると5個強にあたる。

photo by iStock

80億人を超えた人類の行く末を見つめるために

 この提案の中では、コストについてほとんど取り上げられておらず、スミス氏自身そのことを認めている。

 人一人を宇宙へ送り出すだけでも相当なお金がかかるのだから、さまざまな生物を火星に連れていき、そこで生態系を作ろうとすれば、どれほどの予算が必要になるのか想像もつかない。

 それでもタイムリーな思考実験ではあるだろう。スミス氏が論文で述べているように、つい先日、地球上の人口は80億人を突破した。そんな私たちの暮らしが、自然に大きな負荷をかけていることは言うまでもない。

 これに気候変動が加わる現在の状況を見れば、人類だけでなく、動植物の避難場所も探さねばと思いたくなるのも無理からぬことだ。

 「設計者の仕事は大変なものだが、地球上の生物をこれからも生存させるには、課題を克服しなければならない」と、スミス氏は述べている。

References:Extraterrestrial nature reserves (ETNRs) | International Journal of Astrobiology | Cambridge Core / Should We Build a Nature Reserve on Mars? – Universe Today / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル