top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

麒麟・川島“テレビ出演本数ランキング”まさかの結末にコケる

ナリナリドットコム

お笑いコンビ・麒麟の川島明(43歳)が、12月6日に放送されたバラエティ番組「ラヴィット!」(TBS系)に出演。出演本数ランキング1位を逃し、「分かった、俺、初めて選挙で落ちた政治家の気持ちが分かった」と語った。

今年のテレビ出演本数ランキングについて川島は別の番組で「今年、バリバリ1位狙ってる」と公言していたが、この日、同じく1位を狙っているオードリー・春日俊彰も番組に出演。

川島は「今年、ニホンモニターさんが調べて上半期、初めて僕が1位になれたんです。『ラヴィット!』さんのおかげもあります、ほかにもたくさんのレギュラー番組、いろんな番組にも呼んでいただいて、281番組で首位を初めて上半期とらせてもらって、春日さんがこの時、およそ24本差で3位だったんですけど、僕は初めて1位にならせていただいたんで、最後まで1位のまま走り切ろうと思って、頑張りました」とコメント。

番組内で結果が初解禁された結果、3位は528本の春日、2位に536本の川島、1位は548本の番組に出演したバナナマン・設楽統となり、川島はスタジオの床の上でコケた。

敗因要因として、川島が新型コロナウイルスで休んだ分と「世界陸上」で「ラヴィット!」が休みになった本数が14本あり、その出演分があれば12本差のため設楽に勝っていたのでは、という話が出る。川島は「すごい空気だ……こんな感じなんだね、分かった、俺、初めて選挙で落ちた政治家の気持ちが分かった」と語った。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル