top_line

【新日本】後藤&YOSHI-HASHIが2敗死守で連覇へ望みつなぐ 鈴木&アーチャーは脱落

プロレス/格闘技DX

【新日本】後藤&YOSHI-HASHIが2敗死守で連覇へ望みつなぐ 鈴木&アーチャーは脱落

『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr.TAG LEAGUE 2022』佐賀・唐津市文化体育館(2022年12月5日)
WORLD TAG LEAGUE公式戦 ○後藤洋央紀&YOSHI-HASHIvsランス・アーチャー&鈴木みのる×

 WORLD TAG LEAGUE2連覇を目指す“毘沙門”後藤&YOSHI-HASHI組が、鈴木&アーチャー組を破って2敗を死守。優勝決定戦進出へ望みをつないだ。

 両軍7戦目での激突となったサバイバルマッチ。敗れれば脱落の鈴木&アーチャー組が、のっけから奇襲して嵐のように攻めに攻め、後藤の動きを止め続けた。

 ようやくYOSHI-HASHIが反撃に出ても、アーチャーは二人まとめてボディアタックでなぎ倒して鎮圧。鈴木もランニングローキックや一本足頭突きで再び後藤を押し込むと、YOSHI-HASHIのカットもアーチャーが排除だ。さらには鈴木が強烈張り手からのスリーパーで絞め落としにかかり、後藤から力が抜けたところで3カウントを迫った。

 だが、後藤はギリギリでキックアウト。逆に続くゴッチ式パイルドライバーを踏ん張ると、なおもスリーパーで絡みついてくる鈴木を背後からコーナーに叩きつけて振り払った。

 そこへすかさずYOSHI-HASHIが串刺しラリアットをズバリ。アーチャーが飛び込んできても、YOSHI-HASHIが巧みに立ち回って場外転落を誘う。さらに返す刀で激烈一閃のモーションから繰り出す必殺合体技“消灯”を見舞って、鈴木から電光石火の3カウントを奪い去った。

 11年ぶりの優勝を狙っていた鈴木&アーチャー組はこれで脱落が決定。連覇を狙う毘沙門は、辛くも2敗を死守して優勝決定戦進出に望みをつないだ。

 ワンチャンスを生かしての鈴木狩り。YOSHI-HASHIは「一瞬の勝利をパッと掴むか、掴めないか。その差はこれから先、WORLD TAG LEAGUEに必ず生きてくると俺は思ってる。そして必ずファイナルのステージに、オレと後藤は必ず立つ! そして去年同様、トロフィーをいただこうと思います」と頂を見据えた。続く12・9高知大会の公式戦ではアレックス・コグリン&ゲイブリエル・キッド組と対決する。

【試合後の後藤&YOSHI-HASHI】
▼YOSHI-HASHI「ヨッシャ! 今日、『WORLD TAG LEAGUE』のオープニングの、Vでもあるように、心・技・体。今日は中でもその絆、最後、後藤が鈴木みのるを、オレは絶対担ぎ上げると信じてたから。最後、激烈消灯いけたと思う。後藤洋央紀の底力を、オレは肌で見てるし、今日はそういった部分が」

▼後藤「ああ」

▼YOSHI-HASHI「光ったと。勝利だと思う。一瞬の勝利を、パッと掴むか、掴めないか。その差はこれから先、『WORLD TAG LEAGUE』に必ず、活きてくるとオレは思ってる。そして! 必ずファイナルのステージに、オレと後藤は必ず立つ! そして去年同様、トロフィーを頂こうと、思います。ッシャア!」

※YOSHI-HASHIは控室へ

▼後藤「オレの力を! 舐めんじゃねーぞ! オレとYOSHI-HASHIの絆を! 舐めんじゃねーぞ!」

【試合後の鈴木&アーチャー】
▼鈴木「オイ、オイ、オイ、調子に乗んな、この野郎。後藤、YOSHI-HASHI、クソみてぇなお遊戯会みてぇなプロレスしやがって、この野郎!」

▼アーチャー「……………(※無言のまま立ち去る)」

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル