top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アカギを演じた「本郷奏多」撮影現場では昼休みも麻雀

SmartFLASH

 

『カイジ』『アカギ』『銀と金』『天』。なぜ福本伸行作品は熱狂的に愛され続けるのか……。実写版『アカギ』で主演を務めた本郷奏多が、その魅力を語る!

 

「アカギの魅力をひと言で言うなら『超人的なカリスマ性』。人間としての底が見えないように演じることを心がけました。アカギは、淡々と打っているように見えて、内には熱いものを抱えているキャラクター。

 

広告の後にも続きます

 

 原作ファンの方々には、ビジュアルや台詞回しのイメージがしっかりと定着しているので、原作から離れないように、体現することが一役者の仕事だと思っていました。

 

 現場では、昼休憩のときもキャストやスタッフの皆さんとご飯を食べながら、ずっと麻雀を打っていました。そんなことが許される現場は日本で唯一だったと思います(笑)。出演を機に、麻雀に真剣に取り組むようになりました。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル