top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

古典的スタイルを貫き さらに評価を高める「ベルターニ」

ワイン王国

権威あるイタリアのワインガイド『ガンベロ・ロッソ』最新版で「ベルターニ」が栄誉ある年間最優秀ワイナリーに選ばれた。近代的スタイルの濃厚なアマローネが世界市場を席巻するなか、古典的スタイルを守り続けた同社COO兼統括エノロゴのアンドレア・ロナルディ氏に話を聞いた。

アンドレア・ロナルディ氏
「ベルターニ」COO 兼統括エノロゴ。1974 年ヴァルポリチェッラ生まれ。ボローニャ大学卒業後、モン
ペリエビジネススクールで博士号取得。アメリカのワシントン州、ソノマ、フランスのラングドック地方で経
験を積む。2012 年からベルターニに入社

「ベルターニの伝統を継続させたことが評価されました」と話すアンドレア氏は2012年からベルターニで働く。

[ 関連記事を読む – ピックアップ ]

「ヴェローナ出身ですが、仕事の関係で25年間ヴェローナを離れていました。ベルターニのワインを飲んだ時、子供のころから慣れ親しんでいた味に再会しました。ヴァルポリチェッラのワインには独自の塩味があり、私は大好きでした」

広告の後にも続きます

名門のスタイルを守る必要があると考えたそうだ。ただ12年当時、古典的スタイルのアマローネを売るのは難しかった。色が濃く、濃厚な果実味を持ち、パワフルで、少し残糖があるアマローネが国際的に大成功を収めていた時代だ。

「正統派であるベルターニが異端に見えたほどです。今は消費者の好みも変わり、古典的スタイルに回帰する生産者が増えています」

ベルターニ・スタイルを生み出す背景を聞くと「まず土着品種しか使わないことです。コルヴィーナが主体で、ロンディネッラなどがブレンドされます」

ヴァルポリチェッラ・クラッシコ地区の中心に、65 ヘクタールにわたって広がるノーヴァレ農園には、コルヴィーナ・ヴェロネーゼ、ロンディネッラ、モリナーラ、カベルネ・ソーヴィニョンなどが栽培されている

ノーヴァレ農園から選別したコルヴィーナのクローンを使っており、最近さらに三つを選別した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル