top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ナノを可視化、仙台からイノベーションを 次世代放射光のセミナー開催

OVO

 超微細なナノ(ナノは10億分の1)の世界を可視化する次世代放射光施設「ナノテラス」に関するオンラインセミナー「放射光で広がる未来のモノづくり~『共創』で輝く「光イノベーション都市・仙台」~」が11月22日に開かれた。

 仙台市の東北大青葉山新キャンパスで工事が進む施設の概要や、具体的な利用方法が紹介されたほか、既存の放射光施設での計測を製品開発に生かした企業の担当者が体験談を披露。ナノテラスを中核に関連企業や研究機関の集積(リサーチコンプレックス)を目指してセミナーを主催した仙台市の郡和子市長は、ビデオメッセージで「仙台から世界へ、新たなイノベーションを発信しましょう」と呼びかけた。

 ナノテラスは、光速近くまで加速した電子の進路を曲げた時に発生する放射光で、物質の表面や内部の構造、機能を解析する〝巨大な顕微鏡〟だ。放射光の中でも、リチウムや炭素、リンなどの軽元素や生体材料の分析に強い「軟エックス線」を主に利用。世界最高水準の性能で、医薬、エネルギー、食品、化粧品、先端材料、半導体など幅広い産業分野で、技術革新や製品開発をスピードアップすると期待されている。2023年に完成し、24年に本格稼働する予定。

 

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル