top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「子供が『君が代』を知りません」

アサ芸プラス

 10歳の子供を持つ親です。サッカーW杯が始まって思うのですが、世界各国、国歌に非常に思い入れが強い。それに比べて、日本は国歌を教える場面が少ないですね。子供に聞いても「君が代ってナニ?」でした。個人的には、これに違和感を感じます。

 W杯、イランがイングランドとの試合前に国歌斉唱を拒否したのは衝撃でした。イランでは今年9月、「(頭髪を覆う)ヒジャブを適切に着用していない」として22歳の女性が警察に拘束され、その3日後に死亡。これに反発、抗議する形での国歌斉唱拒否でした。それほど、国と国歌はつながりが深いということです。

 日本でも、それは同じです。そもそも「君が代」は、平安時代の「古今和歌集」に入っている賀歌のひとつ。賀歌は長寿や繁栄を祈る歌のことで、男女の永遠の絆をテーマにした恋の歌、との説もあります。

広告の後にも続きます

 第二次世界大戦前までは、国家平安の歌として親しまれていたのですが、なんと! その頃の「君が代」は、日本の正式な国歌ではなかったのです。

 では何かというと、よく歌われる慣習歌。「赤とんぼ」みたいなものです。やがて明治時代に小学校の教科書に載り、法制化によって正式な国歌となったのは、平成11年(1999年)。ごく最近です。

 問題は「君が代」が、親しみのある歌から一転したこと。それは第二次大戦で、日本が敗戦国になったことが原因です。GHQ(連合国軍総司令部)がやってきて、日の丸掲揚と「君が代」斉唱を禁止しました。軍国主義の象徴の歌として、忌み嫌う対象とされたのです。当時の左派の人たちを、GHQがマスメディアに送り込み、右派の色をオセロのように反転させました。

 それと同様に学校の現場にも、国旗掲揚と「君が代」斉唱はダメだ、という思想を送り込みました。まさに現在はその名残りが続いているため、教育現場では教えない、と言っても過言ではないでしょう。

 とはいえ、教育は学校教育だけではない。家庭教育もありますが、各家庭で「君が代」を歌いますか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル