top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JAL、羽田神社で“滑らない”「合格祈願御守り」販売へ 御内符は空港で活躍するアレ!

FlyTeam

JAL、羽田神社で“滑らない”「合格祈願御守り」販売へ 御内符は空港で活躍するアレ!

日本航空(JAL)は、2022年12月24日(土)から、東京都大田区の羽田神社で「合格祈願御守り」を授与します。

「合格祈願御守り」には、 長年、羽田空港で航空機の車輪が“滑らない”よう、「車輪止め」として貢献してきた使用済みの「チョーク」が御内符として納められています。

SDGs達成に向けた取り組みの一環で、JALの若手社員が、本来の役目を終えた「チョーク」の有効活用を提案。羽田神社にて御神璽(ごしんじ)としてご祈祷いただいた後、JALグランドサービスのスタッフにより「チョーク」を裁断し、製作されました。初穂料は1,000円です。

「合格祈願御守り」の御内符は空港で活躍した「チョーク」

「合格祈願御守り」のほか、12月18日(日)から、表紙にJALロゴのモチーフでもある鶴を配したご朱印帳も販売。初穂料は3,500円(御朱印込み・ビニールカバー付き) 。

御朱印帳

今回コラボした羽田神社は、羽田の「氏神様」として羽田全域から現「羽田空港」まで広い氏子区域を有しています。 航空会社各社の崇敬の念も篤く、正月から年間を通じて運航安全・航空安全祈願の参詣があるとのことです。

羽田神社

TOPICS

ジャンル