top_line

余命わずかなシングルファーザー 息子のため”新しい親”を探す 「いつかの君にもわかること」公開決定

映画スクエア

 ヴェネチア国際映画祭で4冠を獲得した「おみおくりの作法」のウベルト・パゾリーニ監督による、7年ぶり監督・脚本作「いつかの君にもわかること」が、2023年2月17日より劇場公開されることが決まった。

 「いつかの君にもわかること」は、余命宣告を受けた父親と一人息子の“家族探しの旅”を描いた作品。窓拭き清掃員として働く33歳のジョンは、若くして不治の病を患い、余命はあとわずか。シングルファーザーとして男手ひとつで4歳のマイケルを育ててきた彼は、養子縁組の手続きを行い、息子の“新しい親”を探し始める。理想の家族を求め、何組もの家族候補と面会をするが、人生最大の決断を前に進むべき道を見失ってしまう。そんな彼は、献身的なソーシャルワーカーとも出会い、自分のふがいなさに押しつぶされそうになりながらも、息子にとって最良の未来を選択しようとする。

 父親のジョン役を演じたのは、「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のジェームズ・ノートン。わが子のために過酷な運命に立ち向かう姿を、寡黙な演技で体現。内面に抱える複雑な感情を表現している。息子のマイケル役は、100人以上に及ぶ候補者から見いだされた、本作がデビュー作となるダニエル・ラモントが務めている。

 実際の記事から着想を得たというウベルト・パゾリーニ監督は、メロドラマや感情主義とは最大限に距離をおいた控えめな撮影手法を採用。敬愛する小津安二郎の影響を受けたという、余計な情景描写や登場人物の会話などを極力排する手法で、父子の心情の移ろいを丁寧に描き出している。

【作品情報】
いつかの君にもわかること
2023年2月17日(金)より  YEBISU GARDEN CINEMA他 全国順次公開
© 2020 picomedia srl digital cube srl nowhere special limited rai cinema spa red wave films uk limited avanpost srl.

TOPICS

 
   

ランキング(映画)

ジャンル