top_line

中島健人はだた“王子様”なだけではない!『ラーゲリより愛を込めて』瀬々敬久監督明かす研究熱心な姿

シネマトゥデイ

瀬々敬久監督

 中島健人(Sexy Zone)が、映画『ラーゲリより愛を込めて』(12月9日公開)の撮影現場で見せた研究熱心な姿について、瀬々敬久監督が語った。

 本作は、第二次世界大戦終了後、シベリアの強制収容所(ラーゲリ)に不当に抑留されるも、仲間たちを励まし続け希望を捨てなかった山本幡男氏の壮絶な半生を描く。山本幡男役を二宮和也、山本の妻・モジミ役を北川景子、山本と同じく抑留者となった松田研三役を松坂桃李、新谷健雄役を中島、相沢光男役を桐谷健太、原幸彦役を安田顕が担う。

 瀬々監督が本作の企画の話を聞いた際には、すでに主演には二宮が決定しており、そのほかのキャストについては、「脚本をつくるのと並行してキャスティングをやっていた」と振り返る。瀬々監督は、新谷役の中島のキャスティングの経緯について「最初、プロデューサーの人たちが『王子様だから』とよく言ってたんですけど(笑)。僕はそんなに詳しくは知らなくて。『心が叫びたがってるんだ。』とか出演作を観たりして、“大丈夫だな”と思って。この人は意外とそれだけではないな、というのがなんとなく見えたのでお願いしたんです」と明かす。

 中島が演じる新谷は、漁の最中に抑留者となった、生まれつき足が不自由な青年。ラーゲリで出会った山本を慕い、労働作業中に出会った子犬の世話をする心優しい性格の持ち主だ。

 瀬々監督は、「今までの彼のイメージをかき消すような役柄」と今回の役柄を評し、「中島くんといろいろ話していると、とても映画好きなんです。すごく熱心で前向きで、非常に研究熱心なので、足が不自由という設定や、最初に『ハイ!』と突拍子もない返事をするんですけど、その出し方とかも自分でいろいろと研究しながら演じてました」と撮影現場での中島の様子を明かしていた。(編集部・梅山富美子)

TOPICS

 
   

ランキング(映画)

ジャンル