top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

いよいよ賞レース本格始動!A24『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』がゴッサム賞で作品業&助演賞を受賞

MOVIE WALKER PRESS

いよいよ賞レース本格始動!A24『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』がゴッサム賞で作品業&助演賞を受賞

11月末になると、アメリカの東西のインディペンデント系作品の映画賞が動き始める。毎年アカデミー賞直前にロサンゼルスで行われるインディペンデント・スピリット賞のノミネーション発表と、ニューヨークで行われたゴッサム・インディペンデント映画賞の授賞式が行われた。これでいよいよ、アメリカの賞レースが本格的に始まる。

製作費3000万ドル以下の映画が対象のインディペンデント・スピリット賞のノミネーションでは、ミシェル・ヨー主演の『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』(2023年3月3日公開)が作品賞、監督賞、主演・助演賞、脚本賞など8部門、ケイト・ブランシェットが主演する『Tár』が7部門で続いた。インディペンデント・スピリット賞では、2023年度より俳優部門の性別分けを撤廃し、主演賞と助演賞でそれぞれ10名ずつを候補者に選んでいる。毎年、アカデミー賞でも激戦となる国際映画賞には、各国の映画祭で話題を集めてきた作品がノミネートされた。テレビシリーズ部門のノミネーション発表は現地時間12月13日に行われ、授賞式は2023年3月3日にロサンゼルスのサンタモニカで行われる。

11月28日にニューヨークで行われたゴッサム・インディペンデント映画賞の候補基準は、製作費3500万ドル以下。映画とドラマシリーズ合わせて12部門あり、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が作品賞と助演パフォーマー賞(キー・ホイ・クァン)を受賞した。脚本賞には『Tár』のトッド・フィールドが、主演パフォーマー賞には『Till』のダニエル・デッドワイラーが選出された。活躍が目覚ましかった作品やタレントに贈られるブレイクスルー賞では、監督賞に『Aftersun』のシャーロット・ウェルズ監督、40分以上の長編ドラマ部門にApple TV+の「Pachinko パチンコ」、40分以下の短編ドラマ部門にNetflix「Mo/モー」がそれぞれ選ばれている。昨年、濱口竜介監督の『ドライブ・マイ・カー』(21)が受賞した最優秀国際映画賞は、フランスのオードレイ・ディヴァン監督の『あのこと』(公開中)が選ばれた。

『Aftersun』は、11歳の少女が父親(ポール・メスカル)との思い出を回想する物語で、アメリカではA24、英国ではMUBIが配給。受賞したブレイクスルー監督賞のほか、作品賞やパフォーマー賞にもノミネートされていた。国際映画賞のノミネート作品には、フランスからはNetflixの『アテナ』(22)やNeonの『Saint Omer(原題)』、アイルランドからはサーチライト・ピクチャーズの『イニシェリン島の精霊』(2023年1月27日公開)、オーストリアほかのIFCフィルムズによる『Corsage』、韓国はMUBIの『別れる決心』(2023年2月17日公開)などが並ぶ。どの作品もアメリカ国外製作で、映画祭などで注目されたのちに有名映画会社やストリーミング会社が劇場配給権を取得していることが特徴。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』で助演パフォーマー賞を受賞したキー・ホイ・クァンは、受賞スピーチで「去年のいま頃は、これからも仕事があればいいな、としか考えていませんでした。なんてすばらしい名誉なんでしょう!」と挨拶し、妻のエヴリン役のミシェル・ヨーに「エヴリンがいなければ、ウェイモンド(キー・ホイ・クァンの役名)もいませんでした。この旅路を一緒に歩んでくれてどうもありがとう。そしてジェイミー・リー・カーティスにも感謝を。私が最も必要としていた、自信を培う助けをくれました」と述べた。

中国系ベトナム人のキー・ホイ・クァンは、1970年代に両親と共にアメリカに移住。子役として『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(84)や『グーニーズ』(85)に出演したのちは、映画の表舞台と裏方の両方で仕事をしてきた。北米で今年4月に公開された『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』の大ヒットによって、約40年ぶりに再注目されるように。夏に行われたディズニーのコンベンション「D23 Expo」では、インディ・ジョーンズ博士ことハリソン・フォードとの38年ぶりの再会を祝う写真をSNSに上げていた。

受賞スピーチは、「多くの場合、俳優たちはインディペンデント映画でしかチャンスや機会を得ることができません。私もそのような俳優でした。3人の風変わりだけどとても才能のある人々が、この映画の企画を手に、全ての俳優が最も聞きたい3つの単語を発してくれました。We Want You(あなたが必要です)。そして、長い期間において初めて、2度目のチャンスを与えられました。彼らのおかげです。大きな大きな感謝を述べたいと思います。もしもあなたたちがいなかったら、私は今夜ここにはいませんでした」と、涙声でダニエル・クワンとダニエル・シャイナートの通称“ザ・ダニエルズ”監督と、プロデューサーのジョナサン・ウォンの3人の名前を呼んだ。

昨年のゴッサム賞では、『コーダ あいのうた』(21)のトロイ・コッツァーが受賞し、そのままアカデミー賞まで独走状態が続く結果となった。今年もこの流れにキー・ホイ・クァンが続くのか、期待が高まっている。


■インディペンデント・スピリット賞の主なノミネーション結果

作品賞
『ボーンズ アンド オール』
『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』
『Our Father, the Devil』
『Tár』
『Women Talking』

監督賞
トッド・フィールド/『Tár』
コゴナダ/『アフター・ヤン』
ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート/『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』
サラ・ポーリー/『Women Talking』
ハリナ・ライン/『Bodies Bodies Bodies』

国際映画賞
『Corsage』/マリー・クロイツァー監督(オーストリア/ルクセンブルク/フランス/ベルギー/イタリア/英国)
『Joyland』/サイム・サディック監督 (パキスタン/米国)
『Leonor Will Never Die』/マルティカ・ラミレス・エスコバル監督 (フィリピン)
『Return to Seoul』/ダヴィ・シュー監督 (韓国/フランス/ベルギー/ルーマニア)
『Saint Omer』/アリス・ディオップ監督 (フランス)

■ゴッサム・インディペンデント映画賞の主な受賞結果

長編部門
『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

長編ドキュメンタリー賞
『All That Breathes』

最優秀国際映画賞
『あのこと』

ブレイクスルー監督賞
シャーロット・ウェルズ監督/『Aftersun』

脚本賞
トッド・フィールド/『Tár』

主演パフォーマー賞
ダニエル・デッドワイラー /『Till』

助演パフォーマー賞
キー・ホイ・クァン /『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

ブレイクスルー・パフォーマー
グラシヤ・フィリポヴィッチ /『Murina』

ブレイクスルー・シリーズ(40分以上の長編)
「Pachinko パチンコ」(Apple TV+)

ブレイクスルー・シリーズ(40分以下の短編)
「Mo/モー」(Netflix)

アウトスタンディングパフォーマンス(ニューシリーズ)賞
ベン・ウィショー/「This is Going to Hurt(原題)」

文/平井伊都子

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル