top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ロン毛牧師から少年まで、すべて同一人物!実力派俳優が演じ分けた“同じ顔の男たち”仰天の裏側

MOVIE WALKER PRESS

ロン毛牧師から少年まで、すべて同一人物!実力派俳優が演じ分けた“同じ顔の男たち”仰天の裏側

『ミッドサマー』(19)や『LAMB/ラム』(公開中)などハイクオリティな野心作を次々と生みだし映画ファンから絶大な支持を集める「A24」と、『エクス・マキナ』(15)のアレックス・ガーランド監督がタッグを組んだ『MEN 同じ顔の男たち』(12月9日公開)。本作で注目すべきは、1人で何役もの“同じ顔の男”を演じたローリー・キニアの怪演。このたびその姿を収めた場面写真と撮影の裏エピソードを独占入手した。

夫ジェームズ(パーパ・エッシードゥ)の死を目の前で目撃し、心に傷を負ったハーパー(ジェシー・バックリー)。彼女はその心の傷を癒すためにイギリスの田舎町を訪れる。そこで待っていたのは豪華なカントリーハウスの管理人ジェフリー(キニア)。しかしハーパーが街へ出かけると、少年や牧師、警察官など出会う男たちが皆ジェフリーと同じ顔をしている。さらに不穏な出来事が連鎖し、得体の知れない恐怖がハーパーの身に降りかかることに。

『夢のチョコレート工場』(71)や『小さな恋のメロディ』(71)などに出演した俳優のロイ・キニアを父に持つキニアは、舞台を中心にキャリアを積み、ダニエル・クレイグ主演の「007」シリーズではMI6のビル・タナー役として出演。俳優として輝かしい受賞歴を持つかたわら戯曲家や演出家としても活躍する、まさに“多くの顔を持つ”才人だ。

高い演技力を誇る彼をもってしても、“同じ顔の男たち”を1人で演じ切る本作は大きな挑戦だったよう。キニアは「これまでに見たことのないような個性的で大胆な役柄に興味があります。この作品では複数のキャラクターを演じるので、どうなるのかわからないという気持ちと、どうなるのか見てみたいという気持ちが入り混じっていました。私は難しいこと、そして間口を広げることが好きなんです」と脚本を読んだ時に抱いた感想を振り返る。

そしてキニアは各キャラクターの略歴を自ら作り、それぞれのイメージだけでなく具体的な特徴をまとめたリストを作成。自身の役作りはもちろんのこと、ヘア&メイクアップチームの作り込みに役立てたという。「メイクアップのトラックから別のキャラクターに変身して出てきた時、その変化に驚かされました。見た目だけでなく、他人からぼくに対する接し方も変わったのです。それを見て『中身は俺だよ!』って何度も言いたくなりました」と周囲の反応に戸惑ってしまったとか。

今回入手した場面写真には、そんなキニアが演じた様々なキャラクターの姿が切り取られている。眩しい笑顔を見せるカントリーハウスの管理人から、警察官、牧師、さらには不気味なお面を手にしてこちらを見ている少年のような姿や、ワイルドな風貌の男まで。その変幻自在ぶりと主人公を襲う恐怖の正体を、是非とも劇場で目撃してほしい!

文/久保田 和馬

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル