top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人生の一大イベント「不動産売却」を悔いのない「楽しい思い出」とするために必要なこと

幻冬舎ゴールドオンライン

不動産の売却は人生の一大イベントであり、だからこそ、ベストな選択をしたいものです。そのためにもっとも大切なのは、「売主に寄り添う専門家」と、「よい買主」との出会いです。とりわけ重要なのは、「売却ありき」ではなく「そもそも売却すべきか」を売主の立場で考え、最善を尽くしてくれる専門家の存在なのです。

不動産売主に「売却プロセスを楽しんでもらう」という姿勢

ほとんどの不動産売主にとって、不動産取引は人生に1度か2度あるかのビッグイベントです。思い出の詰まった住まいを手放すわけであり、動かす金額も大きなものですから、売却価格や売却までのプロセスも慎重に進めていきたいという思いが強いはずです。

対する不動産仲介業者は、あずかった不動産を取引することを仕事としているため、取引には良くも悪くも慣れきっています。自ずと一件一件の取引への気持ちの入れ具合は、売主の熱意に比べて弱くなります。売れる見込みがあれば速やかに売却成立させ、利益を出すことを優先しがちです。

しかし、一刻も早く販売をスタートすることが、必ずしも不動産売却の最適解とは限りません。ときには建物のこれまでのリフォームや改修履歴に関する情報を集めてから売り出したほうが、買主の購入リスク低減につなげられ、高額かつスムーズな売却を実現できます。

あるいは、事前に不動産周辺の状況をじっくり視察し最適な土地利用の方法を練り、販売時のアピール材料とすることで、買主が見つかりやすくなることもあります。もしくは建物の一部を改修して魅力を引き上げてから売ることで、より高値での売却が叶えられるケースも存在するのです。

広告の後にも続きます

このように、不動産仲介業者が手間をかけ、知恵を絞ることで初めて売主にとってのベストな売却方法を提案することが可能になりますが、不動産仲介業者はあくまで“不動産仲介のプロ”であり、建物や法律面の専門家ではありません。

だからこそ不動産仲介業者が「ハブ」となって、建築士や弁護士、税理士といったそれぞれのプロと連携して最適な売却プランを組み立てることが必要になりますが、多くの不動産取引の実態を見ると、それを実現できていないのが実状です。

このような不動産取引のあり方に疑問を呈し、建物や土地に目を向け、売主の声にも熱心に耳を傾け、一件一件じっくり時間をかけて相談に対応するのが「不動産エージェント」です。売却を検討している人の「まずどこへ話をもっていくべきか」という段階の相談から受けます。

売主が現在抱えている問題の正体を明確にし、どういった解決方法があるかをじっくり寄り添って考えていくのです。そのプロセスのなかで、例えば建物を売る前に相続絡みの問題を解決しなければいけない事態になれば、弁護士や税理士や司法書士といった専門家を案内するネットワークももっています。

不動産エージェントが心がけているのは、その一連の売却プロセスを売主に「楽しんでもらう」ことです。「不動産エージェントに相談して気持ちが楽になった。」「売却までの行程が楽しい思い出になった。」そう思ってもらえるよう、売主との出会いを大切にし、人生の一大イベントに満足してもらえるよう、最適な売却プランを提案します。

「本当に売るべきか?」から売主と一緒に考える

「不動産エージェントのことは理解できたが、やること自体は従来の不動産屋と同じではないか」という意見もあります。確かに不動産エージェントはこれまでの不動産仲介担当者と同様、買主を見つけて売買契約を成立させることがゴールの一つです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル