top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【DDT】秋山がEXTREME初戴冠、キャリア初TLCマッチでジャネラ撃破 12・29TDCホールでササダンゴ迎撃

プロレス/格闘技DX

【DDT】秋山がEXTREME初戴冠、キャリア初TLCマッチでジャネラ撃破 12・29TDCホールでササダンゴ迎撃

『D王 GRAND PRIX 2022 the FINAL』東京・後楽園ホール(2022年12月4日)
DDT EXTREME選手権試合〜TLCマッチ ○秋山準vsジョーイ・ジャネラ×

 秋山がキャリア初のTLCマッチでジャネラを撃破し、EXTREME王座初戴冠。12・29TDCホール大会でスーパー・ササダンゴ・マシンを迎撃することになった。

 ジャネラがD王GP不参加だった秋山との対戦を執ように要求して、EXTREME王座を懸けての対戦が実現。秋山はジャネラの指定を受けて、テーブル、ラダー、チェアーの利用が許されるTLCマッチに30年のキャリアにして初めて挑むことになった。

 「あくまでも俺のスタイルでやる」と予告していた秋山は新テーマ曲に乗って登場。アグレッシブに動いて先手を取った。ショルダータックルを皮切りに正攻法でジャネラの出鼻をくじく。コーナーに上がったところで場外に突き落とされ、テーブルクラッシュを狙われるも、冷静に阻止。逆にジャネラをコーナーから叩き落とし、リングサイドに設置されていたパイプイスやぐらに激突させた。

 引かないジャネラはDDTやローリングエルボーで秋山の動きを止めると、コーナーに立てかけたテーブルに連続して強引に叩きつける。しかし、秋山もコーナーに立てかけたラダーめがけてエクスプロイダーを強行。テーブルをリングに持ち込んだ。

 ジャネラはスキを突いてトラースキックを見舞うと、そのテーブルに秋山を寝かせ、ラダーの上からエルボードロップを投下。秋山に大ダメージを与える。ここが勝負所と踏んだジャネラは別のテーブルをリングに設置し、再び秋山を寝かせるとコーナーへ。だが、気づいた秋山はテーブルめがけて雪崩式エクスプロイダーを敢行。フォールを返して意地を見せたジャネラだったが、秋山はリストクラッチ式エクスプロイダーで3カウントをもぎ取った。

 秋山がEXTREME王座初挑戦初戴冠。キャリア初のTLCマッチに順応し、ベルトを腰に巻いた。試合後、ササダンゴが突然リングに登場。無視してリングを去ろうとする秋山を呼び止め、礼儀正しくあいさつし、ベルト戴冠を祝福した。そのうえで「この2022年、プロレスラーとして、プロレスラーらしい活動を一切しておりません。私もDDT所属のプロフェッショナルレスラーとして、この2022年、どうかプロレスラーらしさの年末調整をさせていただけないでしょうか?」と提案した。「年内に秋山さんの持つEXTREMEのベルトに挑戦することができたら、私としてはプロレスラーらしさを全部ここで調整できる」と説明し、「どうか年内に秋山さんの持つベルトに挑戦させていただけないでしょうか?」と頭を下げた。

 観客の反応を見て即諾した秋山は、ササダンゴに体重を質問して「125kg」と聞くと、「20kg痩せてこい」と通告し、決戦の会場を12・29TDCホール大会に指定。タイトルマッチが電撃決定した。

 かつてノアマットではルール制定ができるグローバル・ハードコア・クラウン……通称“白GHC”のタイトルを保持していた秋山だけに、EXTREME王座でも様々な仕掛けが期待できそう。ササダンゴも自身の世界に秋山を引き込もうと画策しているのは確実なだけに、ルール問題から駆け引きが始まりそうだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル