top_line

【DDT】上野が歓喜のD王GP初制覇、納谷を激闘粉砕 KO-D獲り宣言

プロレス/格闘技DX

【DDT】上野が歓喜のD王GP初制覇、納谷を激闘粉砕 KO-D獲り宣言

『D王 GRAND PRIX 2022 the FINAL』東京・後楽園ホール(2022年12月4日)
「D王 GRAND PRIX 2022」優勝決定戦 ○上野勇希vs納谷幸男×

 上野が激闘の末に納谷を粉砕し、歓喜のD王GP初制覇。UNIVERSAL王者としてシングルの頂点に立った上野は、KO-D無差別級王座獲りを宣言した。

 今年で6回目となるD王GPは40歳未満に出場選手を限定して開催された。決勝を争うのは、昨年に続いての決勝進出となるUNIVERSAL王者・上野と、初出場にしてここまで勝ち上がった納谷。どちらが勝っても初優勝となるフレッシュな顔合わせになった。

 握手で試合はスタート。序盤はこのリーグ戦で覚醒した納谷の独壇場に。コーナー上の上野をフロントハイキックで蹴落とすと、場外ではスクラップバスターやランニングニーで追い討ち。リングに戻っても、豪快なアトミックホイップを連発する。反撃に転じた上野がエプロンから飛びついての雪崩式フランケンを仕掛けても、雪崩式のど輪落として撃墜。すかさず拷問コブラツイストで絞め上げた。

 劣勢が続いた上野だったが、トペコンヒーロ、コーナーからのケブラーダと決死のダイブ連発で逆転。一気にアクセルを踏み、ハーフネルソンスープレックス、スタンディングシャイニングウィザード、フロッグスプラッシュと猛攻を浴びせ、BME(ステップアップ式ムーンサルトプレス)で勝負に出る。納谷はヒザを立ててこれを撃墜。土手っ腹にランニングニーを放って、両者大の字に。

 納谷はここから圧倒的なパワーを再び発揮。上野が狙った起死回生のWRを防ぎ、逆に側頭部めがけてカウンターのニーリフトをぶち込む。上野が三角絞めを仕掛けても、強引に抱え上げ、コーナーに投げつけて脱出。ダイビングエルボードロップ、投げ捨てジャーマン、ランニングニー、チョークスラムと怒とうの大技ラッシュに打って出た。

 上野はカウンターのフランケンシュタイナーで応戦。沈まない納谷は後頭部へのランニングニーや雪崩式ブレーンバスターで巻き返すが、ムクリと立ち上がった上野はビンタやエルボーを猛連打した。納谷のフロントハイキックに蹴り倒されてもカウント1でキックアウト。顔面ドロップキックで納谷の動きを止めると、今回のリーグ戦から使うようになったローリング式ギロチンエースクラッシャーで勝負に出た。

 食らった納谷が先に動いて必殺のバックドロップで引っこ抜くも、上野は必死に肩を上げる。なおも突進してくる納谷の顔面をドロップキックで連続して射抜くと、最後はBMEを敢行して3カウントを奪った。

 上野が歓喜のD王GP初制覇。大会実行委員長の小橋建太さんから優勝トロフィーを受け取った上野は、「優勝しました!」と勝利の雄叫びを上げた。決勝を争った納谷に「納谷は大きくて凄いから、人よりも期待をされながら、なんだか勝手に人に失望され、それを自分の力であのパワーではね除けて。納谷と決勝で戦えてよかった。ありがとう」とメッセージを送った。

 「まだまだ俺はDDTで一番になって、DDTをもっとみんないろんな人に見てもらうために、頑張らなあかんから」と決意を新たにした上野は、「僕はDDTが大好きです。みんなにも僕が大好きなDDTを大好きになってほしいです。もっともっといろんな人がDDTに来たくなるように、僕は頑張っていきますんで。今、僕はUNIVERSALチャンピオンです。D王GP優勝しました。KO-D無差別も獲って、僕がDDTみんなに大好きになってもらいますんで、これからも応援よろしくお願いします!」とKO-D無差別級王座獲りを表明し、二冠王になってDDTを背負っていく覚悟を示した。

 The 37KAMIINAの仲間をリングに呼び込むと、「自信がなくなりそうな時でも、お客さんが僕たちの試合を観に来てくれて、The 37KAMIINAが力をくれて頑張れます。D王も優勝できます。UNIVERSALチャンピオンももっと防衛します。無差別も獲ります。DDT全部の大会を満員にします。皆さん、これからもよろしくお願いします」と決意を告白。最後は仲間や観客とともに「熱波WER!」と叫んで、激闘続きのD王GPを締めくくった。

 現在のKO-D王者は樋口和貞。すでに12・29TDCホール大会で対戦者未定ながら防衛戦が行われると発表されている。上野にとっては樋口はデビュー戦の相手。2020年、2021年のD王GP公式戦では上野が連勝しており、樋口にとっても雪辱しなければいけない相手になる。このの一戦が実現すれば、今後のDDTマットをけん引する選手を決める大一番となりそうだ。

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル