top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これぞ大芝居!泉ピン子が夫の不貞で突然読み上げたものは…/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 やっぱり、あの号泣会見は大ウソだったようだ。

 泉ピン子が人間ドックの担当医で4歳年下のT氏と、彼の両親の大反対を押し切り極秘入籍したのは、89年7月。当時、大分にあるT氏の実家を訪ねると、母親は「息子はあの女に奪われたんです。だから絶対に、うちの敷居はまたがせません!」と怒り心頭。あまりの激しい言葉に、両者の間の埋められない溝を感じたものだ。

 ところが結婚して6年目の95年9月、そんなT氏に元看護師の不貞相手と、生後2カ月になる隠し子がいたことが発覚。9月29日、ピン子が単独で記者会見に臨むことになった。

 この日は愛用のシャネルを封印。化粧っ気のない顔に腫れた瞼、地味なグレーのスーツ姿で登場したピン子は、憔悴しきって足元もおぼつかない様子だ。

「世の中でいちばん、夫に愛されていると思ってました。一度も疑ったことはありません。信じていました。私に子供ができればよかったんですが…でも、この愛を嘘だと思いたくないし、こういうことがあったからといって、彼を嫌いにはなれません」

広告の後にも続きます

 そう語ると、彼女の瞳からは大粒の涙があふれ、幾重にもなって頬を伝った。

 そして会見の後半、突然あたりを見渡し「読んでいいでしょうか」とピン子が読み始めたのが、夫からのバースデーカードだった。ドラマで言えば、クライマックス前の最も盛り上がる場面。涙ながらに手紙を読み上げるそのシーンに、なんとなく違和感を感じた。

 だがこのドラマ、以降はめくるめく展開もなく、結局は元のさやに納まるという形で最終回を迎えた。

 ところが、である。

 あの号泣会見から27年を経た今年、初の朗読劇「泉ピン子の『すぐに死ぬんだから』」に挑戦することになったピン子が8月2日に記者会見を開き、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル