top_line

【ジワる】Twitterの平和な遊び「コラージュ川柳」をやってみた

ロケットニュース24

【ジワる】Twitterの平和な遊び「コラージュ川柳」をやってみた

なぜ「五・七・五」のリズムはあれほどまでに心地いいのだろう? 日本語の持つ語感の良さを最大限に引き出すのは、もしかしたら「五・七・五」のリズムなのかもしれない。

さて、あなたはいま密かに注目を集めている『コラージュ川柳』をご存じだろうか? 最近、私、P.K.サンジュンはTwitterで流れてくるコラージュ川柳を眺めるのが、1つの楽しみになっている。

・コラージュ川柳とは

まずは聞き慣れない『コラージュ川柳』について説明しておこう。公式アカウントによるとコラージュ川柳とは「印刷物の切り抜き3枚で上の句、中の句、下の句を作る川柳」とのことである。

要するに新聞や雑誌の切り抜きで作る川柳のことで、これがジワジワと面白い。百聞は一見に如かず、まずはコラージュ川柳公式Twitterから、私がお気に入りの作品を3つご紹介しよう。

「何となく ねがいがかなう 上手投げ」

広告の後にも続きます

「がむしゃらに チンピラ青年 二重飛び」

「スルメイカ わずかに左に アオリイカ」

いかがだろうか? なんとも平和な遊びではなかろうか? ポイントは良質なワードが見つかるかどうかは運任せなところ。普段は巡り合わない言葉同士がつながることで、想定外の面白さが発揮されるのだ。

個人的には「空耳アワー」と似た感覚の面白さだと感じているが、単純に「五・七・五」を並べればいいだけではないハズ。これはちょっとやってみたい……というわけで、当サイトの4人のメンバーで『コラージュ川柳』に挑戦してみることにした。

・はじめてのコラージュ川柳

ざっとコラージュ川柳の概要を説明し、ルールは15分1本勝負。新聞やスポーツ新聞を眺めながら「ああでもない」「こうでもない」とワイワイやるのがまず楽しい。やっぱり平和な遊びだぜ、コラージュ川柳。

で、佐藤やYoshioがマッハで作品を作り上げる一方、GO羽鳥と私は慎重にワードを選んでいく。ひらめきやセンス、勢いや性格までが如実に表れるコラージュ川柳はなかなか奥が深い。そして15分後、それぞれの作品が完成した。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング

ジャンル