top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ホルモン激戦区!中目黒に新たなホルモン専門店「炭火焼肉ホルモン うしごろ」オープン

TOKYO HEADLINE

 高級焼き肉専門店「焼肉うしごろ」を展開するサングが、中目黒に新ブランドのホルモン専門店「炭火焼肉ホルモン うしごろ」をオープンさせた。国産黒毛和牛を扱い続けた経験を生かし、国産牛ホルモンの中でも優れた品質にこだわったメニューを提供する。本紙の肉好き記者が名物メニューを試食した。

 各線「中目黒駅」南口より徒歩約3分の好立地。白いのれんに大きく書かれた店名が目印の「炭火焼肉ホルモン うしごろ」は、ホルモン激戦区の中目黒で早くも話題の店だ。今回の出店に際して新たに内蔵専門の問屋を開拓し、上質なホルモンを安定して仕入れることが可能となった。

低温調理たセンマイにきゅうりとごま塩を合わせた「センマイ刺し ごま塩」550円(税込)

 まず登場した「センマイ刺し ごま塩」は、低温調理で湯引きしたセンマイに相性抜群のきゅうりと特製のごま塩を合わせ、「上ミノ刺し ヤンニョム和え」は、歯ごたえのある上ミノを甘辛い特製ヤンニョムで和えたもの。「ハツ刺し こだわり九州しょうゆ」は、旨みの凝縮したハツをコクがある九州しょうゆと和辛子で食べる。新鮮なホルモンはどれもまったく臭みがなく、肉本来の味がそれぞれの味付けで楽しめる。

 名物の「ホルモン盛り合わせ」は醤油・塩・味噌の3種類からお好みの味を選んで注文。この日はコプチャン(小腸)・コリコリ(大動脈)・ツラミ(頬肉)を醤油で、コプチャン・ミノ(第一胃)・シマチョウ(大腸)を塩で、ハツ・ミノ・シマチョウを味噌でいただいた。どの部位もおいしいのだが、記者は特に皮目をパリッと焼いたコプチャンの甘くてとろける舌触りに驚いた。

皮目をパリッと焼いたコプチャンは甘く、口の中でとろけていく

 数量限定の「極みのタン」は、うしごろブランドの名物 “極みのタン” を豚タンで提供する。この日は薄切りでいただいたが、秘伝のスパイスの染み込んだコリコリした歯ごたえのタンは最高!

広告の後にも続きます

 締めの「本気のホルモン辛ラーメン」は、おつまみメニューの「塩もつ煮込み」をベースに、テグタンスープを加えた辛ラーメン。もつの入ったやさしくまろやかなスープは、辛ラーメンの常識を覆すおいしさ。辛い味がお好みの人は別添えのラー油を入れるとピリ辛スープに味変もできる。

 テーブルには部位ごとのおいしい焼き方の指南書があり、ホルモン初心者でも間違いなく極上の味が楽しめるのもうれしい。ホルモンの魅力をたっぷり堪能できる「炭火焼肉ホルモン うしごろ」は、中目黒に行ったら絶対に立ち寄ってもらいたい一軒だ。

「上ミノ刺し ヤンニョム和え」770円(税込)

「ハツ刺し こだわり九州しょうゆ」660円(税込)

「炭火焼肉ホルモン うしごろ 中目黒店」 【住所】東京都目黒区上目黒2-12-11 TODA BLD 1F 【営業時間】平日:17時〜23時30分(L.O.22時30分)/土日祝:16時〜23時30分(L.O.22時30分) 【電話】03-6412-8929 【Instagram】https://www.instagram.com/ushigoro_yakiniku/

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル