top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2022年、世界で最も生活費が高い都市ランキングでニューヨークが初めて首位に

カラパイア


 2022年度の「世界で最も生活費の高い都市ランキング」が発表となった。これは、イギリス、エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が、世界の主要172都市を対象に毎年行っているものだ。

 今年は調査を開始してから初めてアメリカのニューヨーク市がシンガポールと並んで、トップになった。

 今年は世界中でインフレが進行しており、172都市の平均物価上昇率は、デジタルデータがある20年間でもっとも高いそうで、調査した都市全てを平均すると過去1年で平均8.1%、生活費が上昇しているという。

2022年は世界中で物価が上昇、特にアメリカが顕著

 2022年、世界中で物価が上昇するインフレが起きており、それに伴い生活費も高騰している。

 その理由は、ウクライナでの戦争、ロシアに対する西側の制裁、中国の中国のゼロ・コロナ政策による、サプライチェーン(供給連鎖:製品の原材料・部品の調達から販売に至るまでの一連の流れ)問題などが上げられると、EIUの調査責任者ウパサナ・ダット氏は指摘する。

 これに「金利上昇」と「為替レートの変動」が相まって、「世界中で生活費危機」が起こっているという。

 去年に比べてどれくらい物価が上昇したのかを示す「インフレ率」でみると、イスタンブール(86%上昇)、ブエノスアイレス(64%)、テヘラン(57%)が高かった。

 ダット氏によると、ニューヨークがシンガポールと並んで首位にランクインした要因の1つも、インフレ率の高さにあるという。

 首位10都市には、ニューヨークのほか、ロサンゼルスとサンフランシスコのアメリカの2都市もランクインした。

 今年初め、アメリカのインフレ率はほぼ40年ぶりの高さで、これにドル高もあってアメリカの都市が目立つ結果となっている。

 ちなみに昨年トップだったテルアビブは3位となった。

2022年度、生活費が高い都市トップ10

 この調査は、172都市における200以上の物・サービスのコストを米ドル建てで比較したもの。また今年キーウ(キエフ)は調査の対象外とされた。
2022年度、生活費が高い都市トップ10
1位 ニューヨーク(アメリカ)
同1位 シンガポール
3位 テルアビブ(イスラエル)
4位 香港(中国)
5位 ロサンゼルス(アメリカ)
6位 チューリッヒ(スイス)
7位 ジュネーブ(スイス)
8位 サンフランシスコ(アメリカ)
9位 パリ(フランス)
10位 シドニー(オーストラリア)
同10位 コペンハーゲン(デンマーク)


2022年生活費が最も高い都市となったニューヨーク photo by Pixabay

 シンガポールを除くアジアではインフレ率が平均4.5%と比較的穏やかだった。東京と大阪はそれぞれ24位、33位と大きく順位を落としている。

 モスクワおよびサンクトペテルブルクのロシアの両都市は、ウクライナ侵攻に対する欧米の制裁の影響もあって物価が高騰。順位をそれぞれ88位と70位上げ、37位と73位にランクインしている。
2022年度、生活費が安い都市10
161位 コロンボ(スリランカ)
同161位 バンガロール(インド)
同161位 アルジェ(アルジェリア)
164位 チェンナイ(インド)
165位 アーメダバード(インド)
166位 アルマトイ(カザフスタン)
167位 カラチ(パキスタン)
168位 タシュケント(ウズベキスタン)
169位 チュニス(チュニジア)
170位 テヘラン(イラン)
171位 トリポリ(リビア)
172位 ダマスカス(シリア)


生活費が最も安い、シリア・ダマスカスの市場の様子 photo by iStock

 このまま物価は高騰を続け、生活を圧迫し続けるのか?

 エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は、サプライチェーンのボトルネックが緩和され、景気後退が消費者の需要を回復させるため、今後1年間で物価は下がる価格が下がると予想している。

References:New York and Singapore rank as the world’s most expensive cities – Economist Intelligence Unit / New York City Ties As World’s Most Expensive City For The First Time – DesignTAXI.com / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル