top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【悪ノリ&内輪ネタ】とんねるずの“笑い”は面白ければなんでもアリの時代が生み出した!

女性自身

【悪ノリ&内輪ネタ】とんねるずの“笑い”は面白ければなんでもアリの時代が生み出した!

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に話題だったバラエティ番組の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’90年代”を振り返ってみましょうーー。

 

「’80年代後半から’90年代にかけ、とんねるずはテレビ界を席巻しました。なかでも、フジテレビのバラエティ黄金期を支えたといっても過言ではないでしょう。とくに石橋貴明さんは、それまでの常識とはかけ離れた言動や行動をとる当時の若者、『新人類』(流行語)を象徴するような存在でした」

 

そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(54)。

広告の後にも続きます

 

石橋貴明と木梨憲武は、’82年に『お笑いスター誕生!!』の出演を機にデビュー。コンビ名も「とんねるず」とした。

 

「本格的に売れたのは『夕やけニャンニャン』(’85~’87年)や『オールナイトフジ』(第2期’83~’91年、ともにフジテレビ系)に出演してから。観覧客を相手にノリで乱闘したり、若い女性アイドルにエッチな質問をしてみたり、目上の人にもズバズバモノを言ったりと、大人が顔をしかめるような新人類ぶりが若者の支持を集めました」

 

番組の企画力にも目をみはるものがあった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル