top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【新日本】拷問軍総出で無法勝利 鈴木&アーチャー屈辱3敗目

プロレス/格闘技DX

【新日本】拷問軍総出で無法勝利 鈴木&アーチャー屈辱3敗目

『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr.TAG LEAGUE 2022』兵庫・加古川市立総合体育館(2022年12月3日)
「WORLD TAG LEAGUE 2022」公式リーグ戦 ○高橋裕二郎&EVILvsランス・アーチャー&鈴木みのる×

 拷問軍が総動員の無法ファイトでタッグリーグ初白星。鈴木&アーチャーは屈辱的な3敗目を喫した。

 2011年のタッグリーグ戦覇者・鈴木&アーチャーはここまで3勝2敗。前夜の大阪大会ではTMDKにまさかの100秒殺を喫して足踏みを強いられた。この日は6戦目。5戦全敗中のEVIL&裕二郎と激突したが、最悪の結末が待っていた。

 この日は声出し応援可能。鈴木の入場時、「風になれ!」の大合唱が起こった。次の瞬間、拷問軍が奇襲攻撃を仕掛けて場外戦で幕開け。鈴木はイス攻撃を狙ったが、阻止した裕二郎がステッキで殴りつける。リングに戻っても裕二郎は挑発的な張り手を連発し、EVILは踏みつけ攻撃やサミングで蹂躙。挑発行為を繰り返した。

 すると鈴木の顔色が変わった。ボディブロー、フロントハイキックでEVILを制裁した。ようやく出番が回ってきたアーチャーはEVILと裕二郎をなで斬り。セコンドのディック東郷が乱入しても裕二郎とEVILに何度も投げつけて返り討ち。EVILにフライングボディアタックを放った。

 そして鈴木と二人がかりでEVILに迫ったが、EVILがアーチャーを場外に転落させると、裕二郎が鈴木に低空フロントキック、はりつけ式フロントハイキックを見舞っていく。鈴木をレフェリーに激突させて無法地帯を作ると、再び東郷が乱入した。

 それでもアーチャーが場外に蹴散らすと、鈴木は時間差ロープワークからスリーパーで絡みつく。そしてゴッチ式パイルドライバーを爆発させた。

 勝負あったかに思われたが、SHOが現れ、レフェリーを場外に引きずりおろして3カウントを入れさせない。すかさず東郷も乱入すると、EVILがローブローでアーチャーを撃退。東郷がスポイラーズチョーカーで鈴木を絞め上げ、SHOがトーチャーツールで殴打すると、EVILがEVILをさく裂。大の字となった鈴木の上に裕二郎をかぶせて3カウントを奪った。

 鈴木&アーチャーが拷問軍の無法ファイトに屈辱の敗戦。痛恨と言える3敗目を喫した。試合後、鈴木はプラ柵やイスを手あたり次第に投げつけて大荒れ。当然、バックステージでも怒りは収まらず「あいつら、ふざけた手使いやがって。あぁ! ぶち殺してやる!」と報復を見据えていた。鈴木&アーチャーの次戦は12・5唐津大会。昨年覇者・毘沙門との対決を控える。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル