top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

WBC連覇狙う米国代表が続々決定 野手はトラウト、アレナドら豪華メンバー

ベースボールキング

WBC連覇狙う米国代表が続々決定 野手はトラウト、アレナドら豪華メンバー

◆ 投手陣はアストロズ守護神・プレスリーら実力者揃い

 MLBの公式ツイッターは2日(日本時間3日)、来年3月に開催される『第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)』に、ロッキーズのカイル・フリーランド投手(29)とロイヤルズのブレイディ・シンガー投手(26)が、米国代表で出場すると発表した。

 左腕のフリーランドは、メジャー2年目の2018年に17勝7敗、防御率2.85の好成績をマーク。今季はチームトップの9勝を挙げ、計6シーズンで49勝51敗、防御率4.27の成績を残している。シンガーはメジャー3年目の今季、10勝5敗、防御率3.23を記録。155キロ前後の速球と145キロ前後の高速スライダーを武器とする本格派右腕でチームのエース格へと成長を遂げた。

 前日1日(同2日)には、今季15勝9敗、防御率2.90をマークしたジャイアンツのエース右腕・ウェブ。アストロズで33セーブを挙げ、ワールドシリーズ制覇にも大きく貢献した守護神・プレスリーも参戦を表明。さらに、メジャー通算195勝を誇るカージナルスのベテラン右腕・ウェインライト、今季ヤンキースで12勝を挙げた左腕・コルテスなど、好投手たちの出場が続々と決定している。

 野手陣はリアルミュート(フィリーズ)、ゴールドシュミット(カージナルス)、アレナド(カージナルス)、T・ターナー(ドジャースFA)、ベッツ(ドジャース)らスーパースター揃い。主将を務めるのはトラウト(エンゼルス)だ。

 WBC初優勝を成し遂げた2017年の第4回大会に続き、連覇を狙う米国代表。現時点で出場が発表されているメンバーは以下の通り。

【投手】
アダム・ウェインライト(カージナルス)
メリル・ケリー(ダイヤモンドバックス)
カイル・フリーランド(ロッキーズ)
ネストル・コルテス(ヤンキース)
ローガン・ウェブ(ジャイアンツ)
ブレイディ・シンガー(ロイヤルズ)
デービッド・ベドナー(パイレーツ)
ディロン・テート(オリオールズ)
デビン・ウィリアムズ(ブリュワーズ)
ライアン・プレスリー(アストロズ)

【捕手】
J.T.リアルミュート(フィリーズ)
ウィル・スミス(ドジャース)

【内野手】
ポール・ゴールドシュミット(カージナルス)
ピート・アロンソ(メッツ)
トレバー・ストーリー(レッドソックス)
ノーラン・アレナド(カージナルス)
ボビー・ウィットJr.(ロイヤルズ)
トレー・ターナー(ドジャースFA)
ティム・アンダーソン(ホワイトソックス)

【外野手】
マイク・トラウト(エンゼルス)
ムーキー・ベッツ(ドジャース)
セドリック・マリンズ(オリオールズ)
カイル・タッカー(アストロズ)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル