top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

DEEP、横浜スタジアムでクリスマスソングをアカペラ披露 3人オススメの“冬の過ごし方”も明かす

Real Sound

DEEP(写真=小池直也)

 現在はDEEP SQUADのメンバーとして活動するボーカルグループ DEEPが、12月2日に横浜スタジアムで行われた『第3回 BALLPARK FANTASIA supported by Billboard Live YOKOHAMA』の特別内覧会に登場。トークセッションの後にクリスマスソングをアカペラで披露し、美声をライトアップされたスタジアムに響かせた。

(関連:DEEP、クリスマスソングをアカペラ披露

 「BALLPARK FANTASIA」は、DeNA(株式会社ディー・エヌ・エー)が掲げるミッション「一人ひとりに想像を超えるDelightを」の実現に向けた、スポーツを軸とした賑わいのあるまちづくりを目指す取り組み。プロ野球オフシーズンの施設・公園の有効活用および将来的な関内・関外エリアの賑わいづくりの起点となることを目指して2020年からスタートしている。

 第3回となる今回は11月3日の点灯セレモニーを皮切りに、横浜スタジアム、横浜公園、日本大通りがライトアップされ、エリア一帯が「光と音楽」をテーマとした幻想的な世界へと誘われる。内覧会には、DEEP TAKA、DEEP YUICHIRO、DEEP KEISEIの3名が登場。この日はBillboard Live YOKOHAMAで『DEEP PREMIUM LIVE 2022 “MORE DEEP”』の2日目を控えており、そのリハーサルを終えてから本企画に臨んだという。

 YUICHIROが「Billboard Live YOKOHAMAは建物も綺麗で音響環境も整っていて、料理もお酒も美味しい。ステージも近い」と語ると、KEISEIは「行くまでに海があったり、潮風を感じられるのもいいですね」と話す。続いて「こんな場所に立てるなんて感無量です」とTAKAが語ると、KEISEIが「(白い衣装で)イルミネーション色に染められに来ました」と話したり、TAKAがDEEP SQUADとしては「あなたが迷わずに」がイルミネーションのタイアップとして使われたことを紹介しつつ、プライベートにおいては「ひとりで見ています」と告白するなど、和やかな雰囲気に。

広告の後にも続きます

 オススメの横浜の過ごし方については、「中華街で食事をしたりとかですね。『SORA~この声が届くまで~』のMVを撮った地でもあります」(YUICHIRO)、「みなとみらいから歩いて、観覧車に乗って、赤レンガ倉庫もあって。あの雰囲気が大好き。特に夜は恋したくなる」(TAKA)、「やっぱり食べ物。崎陽軒の弁当を食べながら歩いてみたいです。そして吉村屋のラーメン、中華街の饅頭。あとカレーも」(KEISEI)とそれぞれ明かした。

 DEEPのクリスマスといえばライブ。TAKAは「ファンの皆さんと最高に幸せな時間を毎年過ごしています」と語る。また、クリスマスシーズンの過ごし方について、YUICHIROは「イルミネーションを観に行きます」と明かすが、KEISEIはデートしているカップルを見ると未来が見えてしまうそうで、「このふたりは結婚するだろうな、こっちは危ないだろうなと、人間観察をして歌詞に活かす」と再びユーモアを交えて語った。

 12月23日には『DEEP PREMIUM LIVE 2022 “MORE DEEP” ~Christmas Special~』と題して、再びBillboard Live YOKOHAMA公演を控えるDEEP。TAKAが「本日の追加公演として、クリスマス・スペシャルバージョンでお届けします」と意気込んだ。

 最後に3人はクリスマスキャロルの定番「Silent Night」をアカペラで披露。TAKA、KEISEI、YUICHIROとそれぞれソロで歌ってから、3声のハーモニーを響かせる。歌い終えてから「ハッピーホリデー!」という掛け声で、より一層ライトアップが輝きイベントは幕を閉じた。(小池直也)

TOPICS

ランキング

ジャンル