top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長嶋茂雄×野村克也「実録ライバル史」(11)名誉ある「背番号3」を譲られた

アサ芸Biz

 兵庫県明石駅ホームに夜行列車「急行さつま」が滑り込んだ。1958年2月16日午前9時45分だった。

 三等車の指定席から1メートル79センチ、78キロの大柄な青年が降り立った。学生服姿だ。4日後の20日に22歳の誕生日を迎える巨人の「黄金ルーキー」長嶋茂雄だった。

 大勢の報道陣が押し掛けた。取り囲んだカメラマンのフラッシュを浴びた。矢継ぎ早に質問が飛んだ。出口へと急いだ。ホームには約300人、明石駅頭には約2000人のファンが待っていた。駅前はバスもタクシーも通行止めになった。すごい人気である。

 東京六大学野球のスーパースター・長嶋は前年の57年12月7日、東京丸の内の東京会館別館で巨人と正式契約を結んだ。当時の監督は水原茂(当時の登録名は円裕)である。

広告の後にも続きます

 現在とは違って新人争奪は激しい自由競争時代だ。六大学野球で立教大学の春夏連覇の立役者で、首位打者を2度獲得、新記録となる8本塁打をマークした。

 55年秋から4季連続でベストナインに選出されて、通算成績は96試合に出場して87安打、打点38、打率は2割8分6厘である。走攻守の三拍子に「超」が付く。新聞各社は戦後最高のプレーヤーとして称賛した。当然のことながら、激しいスカウト合戦が水面下で繰り広げられた。報道合戦も凄い。当時、立大の長嶋、杉浦忠、本屋敷錦吾は「立大三羽ガラス」と呼ばれていた。

 秋のリーグ戦が始まる頃、新聞は「長嶋、南海が最有力」と書き立てた。南海は早くから長嶋、杉浦に勧誘の手を伸ばしていた。仲介していたのは南海の大沢啓二だった。立大の2年先輩である。鶴岡一人監督(当時は山本)の命を受けて2人の面倒を見ていた。こうした事情があって、多くのマスコミも「南海有力説」に傾いたのだ。

 だが、長嶋は初めからプロに入るなら「巨人」という強い気持ちを持っていた。一時は鶴岡監督に会って、その人柄に触れて揺れ動いたこともあったという。

 だが、巨人は少年時代から憧れの球団である。日本一の巨人でプレーしたい。純粋な気持ちである。南海との間に行き違いがあったのだろう。秋に入ってこの情報をつかんだ巨人が、猛烈に巻き返した。

 長嶋は巨人入団を決断した。契約金は接触してきた数球団で最も低い1800万円だった。とはいえ、当時の最高額だ。大卒公務員の初任給が約1万円の時代である。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル