top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“設備“か“人”か!?失敗しない介護施設の選び方

アサジョ

 もうすぐ年末年始。今年は帰省する家庭が多いかもしれません。実家や義実家に帰省し、「そろそろ老人ホームなどの入居を検討したほうがいいかも……」と実感する人もいるのでは。でも、いざ介護施設を選ぶとなると、右も左も分からずに「後悔することも多い」とよく聞きます。そこで、介護施設の失敗しない選び方をみていきましょう。

 これまで1,500件以上の施設入居相談を受けてきたという老人ホーム・高齢者住宅検索サイト『LIFULL 介護』の小菅秀樹編集長は、「老人ホームや高齢者住宅選びのポイントを一言でいえば、よいホームではなく、合うホームを探すことです。アットホームな雰囲気を重視するか、ホテルのようなサービスを期待するかなど、人によって求めるものはさまざまなので、何を重要視するかを事前に明確にしておくことがその後の満足度にもつながってきます」と話します。

 同サイトでは“失敗しないための介護施設選びチェックリスト11”を紹介しており、小菅さんは「ポイントは“人”。大切な家族を介護し、サポートしてくれるのは建物ではありません。見た目やうたい文句、企業規模などに惑わされず、正しく判断することが重要です」と、選ぶ際のアドバイスをしています。

 11のチェックリストでは、「事前」「見学」「QOL」と3つのカテゴリーに分け、チェックすべきポイントが紹介されています。

■事前

広告の後にも続きます

1.「大企業信仰を捨てる」

 画一的なサービスを提供している事業者もあり、“大企業=質の高い介護を提供している”とは言い切れません。逆に、運営会社が小さなところは、経営者と入居者の距離が近くて個別対応が柔軟など、魅力的な側面も多数あります。本人や家族の希望がどのくらい叶うかを確認してください。

2.「施設種別にとらわれない」

「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「グループホーム」などの種別に関わらず、本人や家族のニーズを叶えてくれる施設を選ぶことが大切です。

3.「職員の定着率」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル