top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

押収したココナッツから“麻薬”を発見 トラックの運転手ら2人を逮捕 メキシコ

ABEMA TIMES

 メキシコ北西部の街で、“大量のココナッツ”(=やしの実)が押収された。殻の中から出てきたものは、道路に大量に積まれたココナッツ。殻を割ると中からは白い実ではなく、白い袋に詰められた麻薬としても指定される「フェンタニル」が大量にでてきた。

【映像】押収された大量の“麻薬”

 地元当局によると、メキシコ北西部のソノラ州で、トラックの中からココナッツに隠された錠剤約300キロが見つかったという。フェンタニルは鎮痛剤の一種だが、ヘロインと比べ最大50倍の強さがあるといわれていて、アメリカでは乱用による死亡事故が社会問題になっている。

 現地の警察はトラックの運転手ら2人を逮捕した。(ANNニュース)

TOPICS

ジャンル