top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

現代の日本の若者たちが抱える「病み」描く 「生きててごめんなさい」特報

映画スクエア

 2023年2月3日より劇場公開される、「余命10年」などの監督として知られる藤井道人がプロデューサーを務め、藤井とともに綾野剛主演のドラマ「アバランチ」で演出を担当した山口健人が監督を務める映画「生きててごめんなさい」の、特報映像が公開された。

 「生きててごめんなさい」は、現代の日本の若者たちが抱える「病み」を描いた作品。出版社の編集部で働く園田修一(黒羽麻璃央)は、清川莉奈(穂志もえか)と同棲生活をしている。小説家になる夢を抱いていたが日々の仕事に追われて諦めかけていた修一と、いくつもアルバイトをクビになり、家でひとり過ごすことが多い莉奈。ある日、大手出版社の編集者・相澤今日子(松井玲奈)と再会した修一は、相澤の務める出版社の新人賞にエントリーすることになる。一方の莉奈は、修一が担当する売れっ子コメンテーターの西川洋一(安井順平)の目に止まり、修一とともに出版社で働くことになる。

 主演は、ミュージカル「刀剣乱舞」のメインキャラクターである三日月宗近役を演じた黒羽麻璃央。ヒロインの莉奈役を、映画「少女邂逅」で初主演を果たし、「街の上で」などに出演した穂志もえかが務める。黒羽演じる修一の高校の先輩で大手出版社の編集者・今日子役で松井玲奈、修一が編集を担当することになる売れっ子コメンテーター・西川役で安井順平、修一の同僚役で冨手麻妙、莉奈のバイト先のカップル役で八木アリサと飯島寛騎が顔をそろえるほか、安藤聖、春海四方、山崎潤、長村航希らが脇を固める。

 特報映像では、”特別になりたい”修一と、”普通になりたい”莉奈のぶつかり合いや、”夢が叶わなくても人生は続いていく”現実などが描き出されている。

 主演の黒羽麻璃央と、ヒロイン役の穂志もえかのコメントも公開された。コメントは以下の通り。

広告の後にも続きます

【コメント】

■園田修一役:黒羽麻璃央 コメント

今回、園田修一という役を与えていただき、短いながらも彼の時間を生きさせて頂けた事、凄く貴重な時間でした。決して派手な彼の人生ではないけど、希望、幸せ、不穏、不満、悩み、挙げ出したらキリがない程の感情に襲われる日々でした。山口監督、莉奈役の穂志さんはじめスタッフの皆様、共演者の皆様に沢山助けてもらいながら出来た作品です。
この作品に出会えた事に感謝しております。
どこか生きづらい今のこの世の中、気がつくと、そう思う事自体にも自分自身で蓋をして生きてたかもしれません。
『生きててごめんなさい』観てくださった方々に何か刺さってくれたらいいな。

■清川莉奈役:穂志もえか コメント

努力しても周りと足並みを揃えられなかった経験や、世間のジャッジにより、途方もない窮屈さと諦めを感じている莉奈を、自分との境界線が曖昧になるほどがむしゃらに没頭して駆け抜けました。それはそれは苦しくて辛くて、でも修一だけには支えてほしかったです。好きだからです。
なぜ彼女がこうなってしまっているのか、彼女にしかできないこともあるのではないか…等々、想像して寄り添っていただけたらとても嬉しいです。
不器用な二人と私たちを取り囲む個性的な人間たちに会いに来てください!

【作品情報】
生きててごめんなさい
2023年2月3日(金)よりシネ・リーブル池袋、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開
配給:渋谷プロダクション
©2023 ikigome Film Partners

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル