top_line

復帰するもメディアに出られない渡部建、くりぃむ有田が薦める引退プランに納得?「それ無敵ですね」

ABEMA TIMES

 シニカルな点が渡部の魅力だと話す有田が提案した引退プランに「それ無敵ですね」と感心する一幕があった。

【映像】「一般人の人って結構遊んでますよ」有田の引退プランを聞き入る渡部

 12月2日(金)よる9時より、ABEMAにてオリジナルバラエティ番組『有田哲平の引退TV』#2が配信。

 2020年不祥事を起こし、約2年の自粛期間を経て今年2月に復帰を果たした渡部。復帰から半年、以前に比べメディアで目にする機会が少ない状況が続く中、有田は「今(渡部の仕事が)月1の『白黒アンジャッシュ』で、こっからどう…だってもう30代じゃないよ?」と渡部の今後を心配した。

 それに対し、結果ではなく後ろ指をさされてももう1度芸能界で頑張ることが大事だと思ったと話す渡部。有田は「偉そうに言うつもりないけど、渡部の良さってさ…どっか人を小馬鹿にしてるところってあると思うのよ」と笑い、渡部のシニカルな部分が面白さでもあるのに不祥事を通しそれが奪われてしまったと語った。それを聞いて、50代で新人のような立場に立って新しく頑張っていきたいと前向きに話す渡部。しかし有田は「大事な翼を奪われて堅苦しくなるくらいなら、俺はもういっその事スパッと辞めた方が…」と再度引退を勧めた。

広告の後にも続きます

 そして、過去の過ちを背負って家族や相方を守りながら芸能界にいても本当の自分が出せないので「正直面白くないんですよ!こんだけ守っても白黒アンジャッシュだけじゃないですか!」と逆切れ会見をして、芸能界を辞めた方が良いのではないかと強く勧める有田。

 さらに引退してオファーが来ても一般人として出演し「引退してるんで、面白くないと言われても知ったこっちゃないですよ」と言えばいいと話した。そんな有田のプランに「たしかに。結構それ無敵ですね」と感心する渡部。有田は「言い方悪いですけど、一般人の人って結構遊んでますよ?芸能人はちょっと遊んだらすぐ言われるけど、一般の方はめちゃめちゃ遊んでますからね。だから俺も遊ぶかもしれないですハハハハハ」と言えばいいと提案し、渡部から「めちゃくちゃ感じ悪いですよ。仕事こないですよそれやっぱり」とツッコミを受けた。

 そして50歳の大台を超えた渡部に、好きなことやって人を馬鹿にしまくって生きていくのも良いのではないかと提案する有田。「これだけの事件で性根も治った」と話す渡部に「いやいやいや、性根は治らないって」と噛みついた。しかし「周りに支えられた2年間だったんで、当時はなかったかもしれない感謝の心に満ち溢れている」と語る渡部。果たして渡部は有田の勧誘に負けることなく、引退を遠ざけられるのか――!?

 果たして渡部は引退を受け入れるのか?有田だけに明かした現在の心境、続きはABEMAにて配信中だ。

 第3回は、さらば青春の光・森田哲矢にAマッソ・加納愛子が引退勧告。有田からの「言伝を預かっている」と言い「引退しませんか?」と森田に迫る加納、パニックに陥る森田は果たして引退を受け入れるのか。

TOPICS

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル