top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『シコふんじゃった!』葉山奨之・伊原六花・竹中直人・清水美砂インタビュー「伝説的映画と新時代の相撲ドラマの融合」

ガジェット通信

総監督・周防正行×次世代を担う監督・キャスト陣が贈る、“お相撲”の常識を覆す、新時代の相撲ドラマ『シコふんじゃった!』が日本発のディズニープラスオリジナルドラマシリーズとして独占配信中!(初回2話同時配信、以降毎週1話ずつ配信)

日本アカデミー賞5部門をはじめ、多数の賞を受賞した映画『シコふんじゃった。』から30年後―またもや廃部の危機に直面する教立大学相撲部を舞台に、現代の若者たちの魅力が詰まった新しい時代の青春ストーリーが繰り広げられる本作。

主演の葉山奨之さん、伊原六花さん、映画『シコふんじゃった。』と同じ役柄を務める竹中直人さん、清水美砂さんにお話を伺いました。

――本作とても楽しく拝見させていただきました!まずは、葉山さんと伊原さんに、初めて映画『シコふんじゃった。』をご覧になった時の感想を教えてください。

葉山:『シコふんじゃった。』は日本映画の中で“スポ根”というジャンルを作ったと言っても過言ではない作品で。初めて観たのは10年くらい前、高校生くらいの時でした。本作のお話をいただいた時は、あえて観ませんでした。やっぱり観ちゃうと、とんでもないプレッシャーを背負うことになるので、あえて観ずに新しい『シコふんじゃった!』を作る感覚でやりました。

広告の後にも続きます

伊原:私はもちろん相撲は知っていたんですけど。

竹中:知らなかったら大変だ(笑)。

伊原:知っていたんですけど(笑)、ルールだったり、技だったり、基礎の練習の仕方は知らなかったので、『シコふんじゃった。』を観て知ることが多くて、「カッコいいな」と思いました。私はずっと部活でダンスをやっていたので、通ずる部分があって。学生ならではのアツさがすごく素敵だな、良いなと思いました。

――同じ体育会系というか、伊原さんも部活を熱心にやられていたから共感できる部分が多そうですね。

伊原:そうですね。同じ思いを持って、大人数で何か一つのことをする熱量って、学生ならではだなということは卒業した今、すごく感じています。部活とか青春っていいなと思いました。

――竹中さんと清水さんは、映画と同じキャラクターでのドラマ出演となり、私はもちろん、ファンはとても喜びました。決まった時はどの様なお気持ちでしたか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル