top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BE:FIRSTとINI、ラジオを通して知る2組の交流 各トークやエピソードからも伝わる互いへのリスペクト

Real Sound

BE:FIRST『BE:1』(CD+2BD)

 昨年から多くの話題を集めているボーイズグループ、BE:FIRSTとINI。ともにオーディション番組を経てのデビュー、また2021年11月3日とCDデビュー日も同じ。そうなると、互いのファンもその存在をつい意識してしまい、「彼らもバチバチでは……!?」と思う人もいるかもしれないが、2組は共演経験も多く、仲が良いのは周知の事実だったりする。今年5月にINIが『BE:FIRST TV』に出演、地上波で共演したことは記憶に新しいが、今回はラジオでの共演からその関係性を探ってみる。

(関連:BE:FIRSTとINIの共演で見えたそれぞれの特色 ボーイズグループシーンを高め合う関係性

 まずは今年の4月、BE:FIRSTが月曜ナビゲーターを務めるJ-WAVE『SPARK』にINIの木村柾哉と尾崎匠海がゲストに登場。BE:FIRSTからは、RYOKIとLEOが出演した。実は、デビュー前からの仲だという4人。

 以前、RYOKIが出ていた舞台に木村がダンサーとして出演し、そのダンススキルの高さにRYOKIは心を掴まれたという。そこから、RYOKIが自身の誕生日イベントで木村に出演オファーするに至ったのだそうだ。木村も、当時のRYOKIについて「自分の世界をっかりと持っている人」と回顧した。一方、LEOと尾崎は練習生時代を一緒に過ごしていたとのこと。尾崎が当時のLEOの優しい一面に触れる場面もあり、それぞれが久しぶりの共演を喜んだ。

 ダンス人口が増えたこともあり、デビュー前から顔見知りだったり、さまざまな場所で切磋琢磨していたりと交流を持つメンバーも多いように思う。ボーイズグループが増えていく中で、横のつながりが強くなっていくという、また新たなシーンが生まれていくかもしれない。

広告の後にも続きます

 5月には、今度はBE:FIRSTがTOKYO FM『From INI』に出演。BE:FIRSTからはJUNONとMANATOが、INIからは木村、許豊凡、後藤威尊が登場し、「私のまわりで流行っていること」をテーマにトークを繰り広げた。

 同番組のオンラインライブ『JFN EARTHDAY SPECIAL TO THE FUTURE From INI』 が4月に行われた際には、BE:FIRSTがゲスト出演している。ライブパフォーマンスのほか、ステージ上ではトークセッションも実現するなどの交流を経ての共演となった。ラジオでは互いのパフォーマンスについて感想を言い合い、緊張が見えながらも和やかな雰囲気で進んでいた。互いからメンバーの名前がそれぞれ出てくるのもまた新鮮だ。グループ同士での交流だからこそ、いつもとは違うメンバーの一面やそれぞれのグループの特色などが見えるのも、ファンには嬉しいところだっただろう。

 『From INI』の11月25日深夜の放送回には、松田迅、池﨑理人、佐野雄大が出演。そこで、BE:FIRSTのSHUNTOとのエピソードが明かされた。この日のトークテーマは、「私的流行語大賞」。実は、BE:FIRSTの2ndシングル表題曲「Bye-Good-Bye」のうち、SOTAが歌う「ありがとう yeah」というフレーズがINI内で流行ったのだという。

 その流れから、松田がSHUNTOとLINEでやりとりをする中で「ありがとう yeah」と送信。すると、ボイスメッセージでSOTAから同じフレーズが返ってきたというのだ。松田も「嬉しかった」と声を弾ませ、SHUNTOからの粋なお返しエピソードに、その場が盛り上がっていた。

 今後も、メディアでの共演だけではなく、プライベートでも交流が深まりそうな2組。それぞれのラジオなどで、互いのエピソードが披露されることが楽しみだ。(ふくだりょうこ)

TOPICS

ジャンル