top_line

坂本昌行がヒュー・ジャックマンも演じている詐欺師役に挑む 『ザ・ミュージック・マン』の上演が23年に決定  

SPICE

『ザ・ミュージック・マン』



2023年4月11日(火)~5月1日(月)まで東京・日生劇場にて、5月に名古屋・大阪・静岡・福岡にて、坂本昌行が主演を務める、ミュージカル『ザ・ミュージック・マン』が上演されることが決定した。

作曲家メレディス・ウィルソンと劇作家フランクリン・レイシーによって共同制作されたブロードウェイ・ミュージカル『ザ・ミュージック・マン』は、1957年にブロードウェイで初演されると、『ウェストサイド物語』が同年初演だったにもかかわらず、それを差し置いてトニー賞最優秀ミュージカル賞他5部門とグラミー賞ベスト・ミュージカル・シアター・アルバム賞を受賞しロングランを記録。その勢いは止まることなく1961年にウエストエンドで初演、翌年には劇場映画化し大ヒットを記録、2003年にはブロードウェイのトップスター、マシュー・ブロデリックとクリスティン・チェノウェス出演でテレビ映画化され、欧米では言わずと知れたブロードウェイの名作ミュージカルだ。

日本でも1985年に野口五郎主演、2010年に西川貴教主演で上演。そして2022年、ブロードウェイでヒュー・ジャックマン主演によってリバイバル上演されると瞬く間に話題となり、連日満席、チケット入手困難といわれるほど現在でも大ヒット上演を続けている。そんな話題作がこの度、日生劇場60周年イヤーの幕開きを飾るべく、演出にダニエル・ゴールドスタインを迎え、装いを新たに上演する。これまでオン・ブロードウェイでの『GODSPELL』をはじめ、オンオフ問わず数々の作品を手掛け、世界各国の演劇シーンで活躍してきたダニエル・ゴールドスタインが、今作で10年ぶりに日本で演出を務める。

物語の舞台はアイオワ州にある田舎町リヴァーシティ。そこに音楽教授と名乗る主人公ハロルド・ヒルがやってくる。彼は“ミュージック・マン”と呼ばれる詐欺師で、街の人々に演奏を教えると言ってマーチングバンドを作り、楽器や制服を売りつけてはお金を持ち逃げするという悪質商法を繰り返していた。そんな彼がある時、リヴァーシティで図書館の司書として働くマリアンと出会い、徐々に惹かれていくことで、彼女に自分の正体を明かそうとするが、一方で街の人々に素性を暴かれてしまい……という物語。

広告の後にも続きます

楽器セールスマンにして実は詐欺師の主人公ハロルド・ヒルを演じるのは、約30年にわたって数多の名作ミュージカルに出演し続けてきた坂本昌行。2016年には読売演劇大賞 優秀男優賞を受賞し、確かな演技力と歌唱力を発揮してきた坂本が、2011年の『ZORRO THE MUSICAL』以来、12年ぶりに日生劇場に登場し、60周年イヤーの開幕に花を添える。ヒュー・ジャックマンも演じた主人公ハロルドを坂本はどのように演じるのか。

坂本昌行


そして、本作の一番の見どころとも言えるのは、物語が大団円を迎える際に流れる楽曲「76本のトロンボーン」。本楽曲は、日生劇場60周年の開幕にふさわしいファンファーレとなるだろう。

華やかな演出ときらびやかな衣裳、そして圧巻の音楽に期待しよう。

【あらすじ】
1912年の夏。
ハロルド・ヒル(坂本昌行)はマーチングバンドの先生のふりをして大量の楽器・制服などを売りつけ、お金を持ち逃げする詐欺師。
今度の目的地はアイオワ州のリヴァーシティという田舎町。
早速彼は「教授」のフリをして、ビリアードという悪い遊興から町を救うためと町民に嘘をつき、マーチングバンドを編成しようとする。
街全体が彼に騙されていく中、図書館の司書でありピアノ教師でもあるマリアンは彼が怪しいことを見抜き、ハロルドの素性を明かそうと証拠探しに奔走する。しかしそんなことを知らないハロルドは、マリアンに想いを寄せるようになり、家まで尾行する。そこでマリアンの内向的で吃音症のある弟のウィンスロップに出会い、彼を助けることにする。ハロルドが弟に接する姿を見たマリアンはハロルドを今までと違った目で見るようになり、ハロルドの過去を暴くのをやめるのだった。
彼女の愛を得るためにはこのままではいられないと悟ったハロルドは、自分は詐欺師だと本性を明かすことを決意するが……。


坂本昌行 コメント

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル