top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

恐るべき北朝鮮ミサイルの正確性…「発射後10分で日本に」「3度の発射でほぼ同じ地点に落下」

幻冬舎ゴールドオンライン

世界地図をのぞくと日本はロシア・中国・北朝鮮に囲まれており、現在の世界情勢を照らし合わせると、地政学上大きく危険をはらんでいる国の一つといえます。2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻による戦場の痛ましい現状の報道を目にして、罪のない人々が苦しむ姿に心痛めるとともに、自国の安全への不安を募らせれている人も多いのではないでしょうか。本連載では「2027年、日本がウクライナになる(他国に侵攻される)」と予測する、元自衛官で「戦場を知る政治家」である佐藤まさひさ氏の著書から一部一抜粋して、日本防衛の落とし穴についての知識を分かりやすく解説します。

相次ぐミサイル発射。北朝鮮の本当の狙いは?

2022年に入り、北朝鮮がミサイルを発射する回数が激増しています。確認されているだけでも6月上旬までに17回26発。過去3年と比べても、突出して多いことがわかります(2019年は13回、2020年は4回、2021年は4回)。しかもロシア軍のウクライナ侵攻後には4ヵ月で11回。不安になった人も多いでしょう。その意図は?

一番はミサイルの精度を高めることです。2021年、金正恩キムジヨンウン総書記は「国防5か年計画」を発表し、軍事力の強化を打ち出しました。ミサイルは実際に発射実験をして、トライ&エラーをくり返すことで、命中精度を高めていきます。

しかし今、発射実験の回数が増えている背景には、技術の向上以上に「政治的な思惑がある」と、私は見ています。その一つは「ロシアとの連携を示す」です。もう70年以上も前になりますが、朝鮮戦争の際に後ろ盾になってくれたのはソ連でした。言わば「建国の恩人」なのです。言葉は悪いのですが「やくざの親分と子分」のような関係で、「親分が戦うなら俺も」と”忠誠”を示したのです。

北朝鮮のミサイルにはロシアの技術が取り入れられています。このため、日本やアメリカは、北朝鮮のミサイル発射に対し、ロシアに制裁を加えるのです。「世界の目がウクライナに向いている隙に撃ってしまおう」という考えもあったかもしれません。しかし北朝鮮の本当の狙いは、アメリカの関心を引くことです。なぜか?

広告の後にも続きます

アメリカを交渉の場に引きずり出そうとしているのです。北朝鮮は、アメリカから多数の制裁を加えられています。緩和してもらいたいのに交渉はストップしたままという状態です。交渉の場を設けなければ、制裁は解かれない。そこでミサイルを発射して暴れまわり、アメリカを挑発している訳です。デタラメとしか言いようがない、幼稚さです。

しかし金正恩総書記としては、国民の手前、頭を下げて「交渉再開」をお願いすることはできない。威張りながらアメリカを交渉の席に着かせるには、これしか方法がないのです。「泣く子と地頭には勝てぬ」作戦でしょうか?

ロシア・中国は圧巻の数を保有。核武装の実態

北朝鮮はすでに核兵器の実験にも成功しています。そして「攻撃対象はアメリカ、韓国、日本だ」と法律でも定めています。恐ろしくないですか?

平和な日本で暮らす私たちには、ピンときません。しかしこれは、金正恩総書記が「発射」のスイッチを押せば、約10分後には核爆弾が飛んでくるということです。私たちは今この瞬間にも、命の危機に晒さらされていると言えるのです。

世界で唯一の核被爆国である日本では、「核」の話は敬遠されがちです。「核放棄」を雄弁に語る人はいても、「核保有」については言葉を濁す。他国の核兵器についても同様です。しかし本当は、その痛みを知るからこそ、目を背そむけてはならないのです。北朝鮮、ロシア、中国。日本を狙う三つの国が核武装している事実を、どう考えますか?

核兵器の保有数は、ロシアはアメリカを凌ぐ多さです。中国は未公表なのでその数はわからない。でも2030年には、約1,000発を保有すると見られています。これが、日本を取り巻く国際情勢の現実なのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル